« 2015年11月8日 - 2015年11月14日 | トップページ | 2015年11月22日 - 2015年11月28日 »

2015.11.20

あの「本間吉」氏が急死

 本日午前8時半ごろ、都内の自宅であの本間吉氏が急死したという。享年67歳。富山県出身。
 本間氏といえば、事件記者の間では山口組系後藤組(当時)系の企業舎弟として有名。「本間事務所」を率いていた。
 経済ヤクザの走りといってもいい存在で、早稲田大学卒で頭が切れ、理論整然としていた。
 また、独自の人脈を有し、今年8月にも“異業種交流会”を新宿駅前の飲食店で開催。そこには右翼関係者、事件屋、ボクシング関係者、ブローカー、弁護士、大手マスコミの社会部記者、週刊誌記者、公安関係者など100名以上が集い、交流していた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.19

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第13回  隠れ冷え性にご注意」

 漢方には「未病(みびょう)」という言葉があります。
 未病とは、病気の一歩手前の状態のことです。「何だか調子が悪いな」という程度で、病院で検査をしても何も見つからないということもよくあります。冷えは、まさにその未病の代表です。体が冷えると、体を健康に保つために必要な血液などの栄養がうまく行き渡らなくなり、その結果として痛み、痺れ、不眠、無気力などの精神症状、生理痛など様々な不調を招くだけでなく、重い心の病気やガンなどの複雑な病気に発展することもあります。
 冷えを感じたら、それは体からのSOSのサインなのです。
■冷えは“養生”でとる!
 ただ体を温めるだけで、冷えはとれません。
 じつは、「冷え性」という病気は存在しません。冷え性を「冷え症」と書かないのはそのためです。病院では治せないもので、西洋医学には存在しないのです。こんなときに強い味方になるのが漢方です。
 漢方というと、漢方薬をイメージする方も多いかもしれませんが、お灸、鍼、あんま、気功や運動、生活習慣を正す養生など、すべてを総称して漢方と言います。
 ですので、冷えの改善を漢方で行う場合も、生活習慣を改善する「養生」が特に重要になってきます。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<芸能ミニ情報>第41回 暴力団隠しホテルでものまねショーに、芸人を派遣していた芸能プロ

 大手マスコミ既報のように、警視庁は11月17日、詐欺容疑で稲川会系幹部・雀慶一容疑者(43)、イベント会社社長ら4名を逮捕した。
 イベント会社社長らは昨年11月、都内のホテル宴会場を借りものまねショーを開催したが、このショーは雀容疑者が資金集めのために知人のイベント会社社長と企画したもので、同ホテルは約款で暴力団を使用を禁じていたが、その身分を隠して使用したため。 
 ショーのチケットは1枚3万5000円で約550枚販売され、約300人が入場。暴力団側は約1000万円の収入があった模様。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.18

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(523)くい打ちデータ偽装問題に深く関与も急騰する不可解銘柄

 10月14日に発覚し、今も世間を騒がせている横浜市内のマンションが傾いたことを契機とする一連のくい打ちデータ偽装問題ーー。
 当然ながら、くい打ちを現場で担当していた旭化成建材の親会社、「旭化成」(3407。東証1部。東京都千代田区)の株価は一挙に約2割下落し、現在も700円前後でもみ合っている状態だ。
 そんななか、同じくこのくい打ちデータ偽装問題に深く関与していることから、当然、株価が急落してもおかしくないところ、逆に急騰しており、関係者の間でこれはいったいどういうことなのか? と奇異の目で見られている銘柄がある。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.17

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(522)「レセプト債権」破綻は詐欺事件か!? 他殺説も

「アーツ証券」始め証券会社7社は診療報酬請求権を基に「レセプト債」を227億円販売したが、この債券が破たんしたのはご存知の通り。結果、7社から同債権を購入した顧客約3000人が直の被害を被ることに。そのなかには約1億円購入していた商品先物取引会社「フジトミ」(8740。JQ)も。
 破産手続きを申し立てたのは、都内の資産運用会社「オプティファクター」(東京都品川区)と関連する3つのファンド。
 だが、オプティファクターはアーツ証券に11・8%出資する第3位株主でもあることは、この間、大手マスコミでは指摘されていないようだ。
 したがって、レセプト債権を顧客に年3%の利子を支払えるとして販売していた他の6証券会社同様に被害者面するのはおかしい。
 オプティファクターの創業者で前社長が13年3月に死亡すると、経営悪化が発覚するのもそうだが、本来レセプト債は健康保険組合から確実に支払われる非常に安全なものであることを考えればどう考えてもつじつまが合わない。破綻の原因は病院側が不正請求していたか、レセプト債権の資産が外部流出したかのどちらかしかない
だろう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大物「地面師」グループ詐欺事件の裏に上場企業オーナー説

 警視庁捜査2課などは昨年7月、大物「地面師」グループを相次いで逮捕している。
 東京都世田谷区成城ーーかつてすぐ横にあの石原裕次郎の自宅もあったこの高級住宅地の約100坪の更地がこの事件の舞台だ。
 他人の不動産を、権利書など一連の書類関係を偽造して転売する「地面師」の世界では有名な面々が集い、この成城の物件を、ニセの所有者まで登場させ、あるジャスダック上場企業から8000万円を引いた。09年8月のことだ。
 担保は、むろんこの土地。返済期限は1カ月後だった。
 だが、返済できるわけもない。
 なぜなら、この8000万円は、この成城の他人の土地を勝手に売却する“支度金”などに使われたのだから。
 1カ月後、返済できないということで、地面師グループはこの成城の不動産を売却。価格は1億2000万円。そして内8000万円をこのジャスダック上場企業に返済した。
 しかし、このジャスダック上場企業がこの成城土地を第三者に売却しようと動いたところ、本当の所有者は売っていないことが発覚。そして事件化したわけだ。
 現在、起訴された者にはすでに有印私文書偽造・同行使、詐欺罪などで懲役2~4年の実刑判決が一審で出ている。
 ところが、そんななかとんでもない情報が飛び込んで来た。
 実は被害者とされる上場企業オーナーもグルだったというのだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.15

山口組が分裂(22)山口組直系組長が襲撃され瀕死の重傷(後、死去)

 先ほど、本紙に信頼できる筋から情報提供があった。
 それによれば、本日午後5時ごろ、山口組直系組長が何者かに襲撃された模様で、瀕死の重傷とのことだ。
 今回の山口組分裂問題と関係する可能性もあるという。
 もっとも、山口組ではかん口令が敷かれており、大手マスコミも現状、一切報道してない模様。
(*追加情報。午後8時ごろ病院で死去) 
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不正軽油密造で5億円脱税かーー背後にとんでもない闇

 兵庫県警生活環境課などは昨日、軽油取引税(1リットル当たり32・1円)を免れるため不正軽油を密造したとして、地方税法違反(製造承認義務違反)容疑で、石油販売業「三都商会」(堺市北区)の谷川勇二経営者(50)、石油販売会社「イワモトオイルフロー」(尼崎市)の岩本勝浩社長(37)ら4人を逮捕した。
 大手マスコミ既報道によれば、4人は12年12月から14年2月、奈良県内の工場で軽油に税金のかからない灯油を混ぜ不正軽油を約1600万リットル密造。そしてこれらを京阪神の業者に正規の軽油より安く販売し、計約5億円の軽油取引税の支払いを免れていたという。
 灯油には密造防止のため識別剤「クマリン」が含まれているが、4人はこれを他の薬品を混ぜて除去し不正が発覚しないように密造していたという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月8日 - 2015年11月14日 | トップページ | 2015年11月22日 - 2015年11月28日 »