« 2015年8月30日 - 2015年9月5日 | トップページ | 2015年9月13日 - 2015年9月19日 »

2015.09.12

「May J.」の楽曲パクリ疑惑が発端ーー音楽事務所社長VS「エイベックス」訴訟、第3回口頭弁論報告

 本紙がウォッチしている、昨年末、NHK紅白出場も果たした歌手「May J.」の楽曲パクリ疑惑ーーその件で、ついに被害に会ったという音楽事務所「サウンド・フューチャー」(東京都墨田区)の加藤豊社長が、レーベルの親会社である「エイベックス・グループ・ホールディングス」(7860。東証1部。代表取締役社長CEO・松浦勝人。東京都港区)などを相手取って東京地裁に提訴したのは本紙既報の通り。
 その第3回目の口頭弁論が9月3日午前10時からあったので、第1回目、第2回目に続き報告する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.11

<芸能ミニ情報>第30回 大手マスコミが待つ清原和博氏のXデー

 清原和博氏(48)といえば、いうまでもなく元プロ野球の大物選手で、未だファンが多く、清原氏がTV出演すれば視聴率がハネ上がるほど。
 ところが、昨年、一部週刊誌がクスリ疑惑を報道。それ以降、TVはむろん、マスコミ全体からほとんどお呼びがかからなくなり、唯一出ているのがDMMのFXのCMだった。
 ところが7月25~26日に放送された『FNS 27時間テレビ』(フジTV系)に久々に登場。さらに8月28日の『ダウンタウンなうSP』(同)にも出演。番組のなかでクスリ疑惑について完全否定。また、ダウンタウンの番組のなかではプロ野球界に戻りたいとの発言もあっもことから、一部ではもはやクスリ疑惑は晴れ、完全復帰に向け歩み出したとの見方も出ている。
 それが事実なら、何とも結構なことだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本紙追及の「ウソ」性病診断医師、2審も敗訴ーーも、未だ診療中で被害拡大の懸念

 本紙が決定追及している「新宿セントラルクリニック」(東京都新宿区)の林道也院長(医師)だが、9月9日、高裁判決があり、浜秀樹・東京高裁裁判長は1審通り、「故意に(性病に罹っていると)虚偽診断して不必要な医療行為を行った」として約25万円の支払いを求める理由があるとして、林院長の控訴を棄却した。
 林院長に対しては、本紙でも既報のように、同じ内容で別の患者からも訴訟提起され、8月19日、同じ東京地裁でこちらは「詐欺行為」だとして約50万円の支払い命令も出ている
 また、今回の高裁判決が出た訴訟の60代被控訴人(元患者)は、
すでに警視庁四谷署に詐欺及び傷害罪で刑事告訴し受理され、捜査中だ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.10

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(509)「当局が狙う一般投資家の風説の流布容疑」

 風説の流布とか、株価操縦などというと、一昔前はプロの仕手筋が問われることだったが、あっという間にネット社会になった最近はそうとばかりもいってられない。
「般若の会」がいよいよ強制調査を経てXデーが近いと見られるが、一般投資家も例外ではないようだ。
 いまや、一般投資家にとって掲示板などへの投稿や書き込みはごく普通のことだ。一方、風説の流布は当然違法ながら、当人はそう認識していなくてもつい少し煽っただけのつもりが取締りの対象になる可能性もある。一口にネットといっても「2ちゃんねる」、「テキストリーム」、「ツイッター」、「ブログ」「SNS」など使えば、あっという間にその情報が拡散してしまうからだ。
 なかでも、いま当局が問題視しているのがヤフーが運営する株の掲示板「テキストリーム」だ。著作権違反は日常茶飯事、風説の流布に近い書き込みも多い。数年前、「ミサイルジョーダン」、「ミハエルジョーダン」なるハンドル名の書き込み銘柄が急騰していたのをご存じの方もいらっしゃるだろう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.09

山口組が分裂するとの情報(11)「神戸山口組」が出した「御挨拶」文書詳細

 大手マスコミ既報の通り、「神戸山口組」は8月の日付で、「御挨拶」とのタイトルの文書を出している。
 本紙はその文書を入手したので、以下に転載する。
 また、「毎日」記事では、この文書がどこに出されていたか触れられていないが、その件で実に注目すべき情報が入ったのでそれに関してもお伝えする。
 なお、入手文書はかなり見えづらいがご容赦願いたい。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.08

あの「真珠宮ビル」跡地買収に名乗りを上げた協同組合の正体(2)

 本紙は8月31日、東京は新宿駅南口のすぐ近く、JR東日本本社ビルの横という一等地にも拘わらず、山口組系有力直系組織だった「後藤組」の後藤忠政組長(当時)が電磁的公正証書原本不実記載容疑で逮捕されるなどしたことから、未だ更地(駐車場としては利用)のままになっている真珠宮ビル跡地の不動産謄本に協同組合が8月21日付で売買予約を原因とする所有権移転請求権仮登記を付けていた事実を報じた。
 いよいよ、この不動産は動き出すのか?
 その追加情報が入ったので報告する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.07

山口組が分裂するとの情報(10)「神戸山口組」初定例会の決定事項「書面」

 本紙は「神戸山口組」が9月5日に開催した初の定例会の決定事項(人事)をいち早く報じたが、その“書面”を入手したので以下に転載しておく。
 それによれば、昨日午前2時前に報じたその人事内容は正確だったことがわかる。ただ1点、顧問に就任したのは奥浦清司「奥村組」組長当人ではなく真鍋憲右「奥浦組」舎弟頭だった点だけ間違っていた。お詫びして、訂正します。
 また、この5日の定例会では、新組織は「神戸山口組」を名乗ることが正式に決まった。さらに代紋も、「山口組」とまったく同じものも使用することも正式に決まった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.06

山口組が分裂するとの情報(9)5日離脱派初「定例会」の決定事項

 この連載(8)で既報の通り、離脱派こと「神戸山口組」は9月5日、山健組本部(神戸市中央区)で初の定例会を開催。そして新組織「神戸山口組」のトップ、会長以下の人事を決めた模様だ。
 以下、漏れ伝わって来た、その人事の決定事項をお伝えする。
 なお、前日4日には同じ山健組本部に、住吉会の有力組織「幸平一家」の加藤英幸組長も姿を見せていた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月30日 - 2015年9月5日 | トップページ | 2015年9月13日 - 2015年9月19日 »