« 2015年6月14日 - 2015年6月20日 | トップページ | 2015年6月28日 - 2015年7月4日 »

2015.06.27

<主張>百田尚樹「沖縄2紙をつぶせ」発言ーー櫻井よしこと共に筆を折っては

 いうまでもなく、作家の百田尚樹氏が6月25日の自民党の勉強会で、安全保障関連法案に関して、「沖縄2紙をつぶせ」と発言した件だ。
 政治的発言はほとんどしない本紙だが、いくら何でも看過出来ないので主張しておく。
 この問題で、谷垣禎一自民党幹事長は「メディアに対して批判、反論があっていいが、主張の仕方にも品位が必要だ」と述べている。また自身、この問題の勉強会に参加していた加藤勝信官房副長官に至っては「(百田氏は)作家としての立場で話していた。そうした視点の意見は拝聴に値すると思った」と説明している。
 百田氏と友人で、彼をNHK経営委員に推した安倍晋三首相もそうだが、なぜ自民党幹部はこんな認識しか持てないのか?
 百田氏の発言は、品位云々のレベルの話ではない。
 自分と違う意見の相手を批判するのは自由だ。だが、「つぶす」=存在を許さないと公言することは明らかに言論の自由のレベルを超えており、単なるレイシストであり、そんな者を政権を担う自民党の勉強会に入れていてはいけないのだ。
 また、作家の意見というが、作家とて“言論人”であり、気に入らない者、それも「琉球新報」と「沖縄タイムス」という報道機関をつぶせというのは、いうまでもないが、言論人の最低限の資格さえないことを意味している。 
 百田氏は「冗談でいった」というが、恥の上塗りだ。
 この百田発言を聞き、やはり安倍首相のお友達である、ジャーナリスト・櫻井よしこ氏のかつての発言を思い出した。
 約2年前、沖縄での保守系の祖国復帰記念式典に出席した櫻井氏は、辺野古への普天間米軍基地移設に反対する沖縄2紙を「後ろ向きで反本土、反日本」と批判。そして沖縄県民に「沖縄の方々が日本人であるからには、日本国民として行動する心を持って欲しい」とも述べ、沖縄2紙、そして沖縄県民が「非国民」でもあるかのような発言をした件だ。
 櫻井氏はもう少し慎重で、さすがに百田氏のように直につぶせとはいっていない。だが、「朝日新聞」に関しては慰安婦問題の件で「廃刊にすべき」とまで公言しているのだから五十歩百歩だ。
 言論人に値しない百田・櫻井両氏はこの際、揃って筆を折ってはどうか。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.06.26

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(493)日本年金機構の個人情報漏えいの“踏み台”にされた上場企業子会社

 6月1日に発覚した、日本年金機構の基礎年金番号を含む100万件以上の個人情報が漏えいした事件ーー原因について年金機構は、外部から届いた電子メールのウイルスが入った添付ファイルを職員が開封したことにより不正アクセスが行われためとしている。
 その不正アクセスの際、「東京都内の会社のサーバー」が悪用(踏み台)されて機構側のパソコンを遠隔操作し、情報を流出させた疑いもあるとして警視庁が調べているとNHKが報じたのは6月2日の夕方ニュースにおいてだった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

管理銘柄入りした「グローバルアジアホールディングス」を襲った衝撃事件

 衝撃事件をお伝えする前に、本紙が「グローバルアジアホールディングス」(3587。JQ。旧プリンシバル・コーポレーション)について報じた前回記事(今年5月28日)から今日までの動きについて解説しておこう。
 グローバルアジアの6月10日IRによれば、「経営監視委員会」を発足させるとのことだが、とても本気でコンプライアンス体制の再構築をしようとしているとは思えない。
 同IRによれば、今年1月27日などに明らかにされた第三者調査委員会の報告書を踏まえて発足させるというが、本紙既報のように、その報告書は、迫り来るXデーで当局のターゲットにされていると見られる菊地博紀前副社長の言い分を丸呑みにし、この間の巨額の不透明なカネの動きは基本的に問題ないとの内容で、当局はこれに激怒していたという。そんな不正確な報告書を踏まえ、適正な再構築を望めるわけがないではないか。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.25

違法販売、顧客トラブルも!? 与沢翼弟子が設立したセミナー系会社(一部訂正あり)

 与沢翼氏(32)といえば、アフィリエイト会社を率い、ネオヒルズ族を自称しTVでハデな生活ぶりを披露する一方、「秒速で1億円稼ぐ」としてアフィリエイトの方法を本やセミナーで一般に販売し注目を浴びたものの、昨年4月資金ショートし、化けの皮が剥がれたのはご存知の通り。
 その与沢氏の弟子のなかでも最も優秀ともいわれていた人物が立ち上げた会社がある。急成長しており、近い上場を目指しているとも。
 もちろん、まともな商売をし、将来性有望なら何ら問題ない。
 ところが、その会社を調べてみると、セミナーと一口にいっても、その実態は師・与翼氏がやっていた「秒速で稼ぐ」(むろん、そんなことは不可能)方法を教えるということで数十万円取っていたのと似ており、金儲けできると称した内容のセミナーの類をプロデュースしていることがわかった。
 そして、すでに水面下ではトラブルが発生していた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.24

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(492)「セキド」株急騰の背後に……

 ブランド品店「ラブラブ」のファッション事業が柱「セキド」(9878。東証2部。東京都新宿区)の株価が急騰し、6月17日は高値216円に。
 セキドの株価が200円を超えるのは実に約8年ぶりだが、翌18日にはさらに高値285円まで。
 週明けの15日から出来高急増し、150円台の株価からわずか3営業日で株価は約2倍に。その後、23日終値211円と株価を下げているものの、前日22日は出来高は18日より多く、株価も高値248円まで戻した。
 セキドは約1年前に家電量販老舗「ラオックス」(8202。東証2部。東京都港区)と業務提携しており、ラオックス向けインバウンド効果(中国人爆買い)に加え、発売された『会社四季報』夏号でのセキドの好展望見通しなどがプラス材料になったと見る向きもある。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.23

悪徳リフォーム会社人脈が「エスポア」の経営に参入

 本紙は「宝田陽平の兜町アンダーワールド」という連載の6月5日掲載記事(486回目)において、過去、問題だとして行政処分を受けた悪徳リフォーム会社人脈が、不動産関連の「エスポア」(旧「ゲオエステート」。3260。セントレックス)の経営に一挙に参入することになったことから大丈夫か、と疑問を呈する記事を載せた。この後、新たな情報が入ったので追加報道する。
 まず、行政処分を受けた問題会社は前回述べた「マツエイ」だけではなかった。
 マツエイが神奈川県と東京都から業務改善命令を受け、実名公表されたのは06年9月のことだったが、そのわずか3カ月後、今度は「アクアリフォーム」(横浜市。清算)が東京都から受けた。
 同社はユニットバス、システムキッチン、浴室・台所などの水周り関連リフォーム工事業者。手口はマツエイ同様、「マンション全体の水周り検査をしている」「このマンションの工事を請け負っている」などとウソをついて上がり込むや、「火事になる危険性がある」、「水漏れすると下の階の人に迷惑がかかる」などと不安を煽り工事を強要するもの。また被害者が高齢者というのも同様。ただ、平均契約金額は約110万円と、マツエイの2倍以上だった。
 02年から消費者相談が寄せられ、行政処分を受ける直前の半年間だけで約1億3000万円売り上げていたという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秘密保護法違憲訴訟」第6回口頭弁論(原告尋問)「調書」を公開

 6月3日、本紙・山岡も原告に名を連ねている「フリーランス表現者42名による秘密保護法違憲訴訟」の最大の山場である本人尋問があったことは本紙でも既報の通り。
 仲間の寺澤有氏と、林克明氏の2人が発言したわけだが、その「尋問調書」が出来上がって来たので、ここにその全文を公開する。
 いま、安倍政権は憲法を無視し、米国と共に世界中で戦争が出来るように「安保法制」(戦争法案)を強行しようとしているが、秘密保護法は、安保法制制定に先立ち、それに反対しようとする者の声まで潰すもので、両者は一体の関係にある。 
 マスコミのなかで、フリーランスは政権に最も厳しい姿勢を取るから一番、秘密保護を名目に弾圧され得ることが、寺澤・林両氏の証言からよく伺える。是非、ジックリご覧いただきたい。
(1)寺澤有「尋問調書」(ココをクリックすると見れます
(2)林克明「尋問調書」(ココをクリックすると見れます
 なお、寺澤氏の証言のなかに出て来る自衛隊の「隊員家族連絡カード」に関しては本紙のこちらの記事を参考していただきたい。同じく、寺澤氏証言の公安が関わると思われる栃木県小山市の狂言強盗事件とは、以下を指す(「下野新聞」13年5月29日記事=タイトル「2009年の強盗容疑で男逮捕」)
「小山市で2009年6月、警察官を装った男らが資産家宅に押し入り現金などを奪った事件で、(栃木)県警組織犯罪対策課と小山署は28日、強盗と住居侵入の疑いで神奈川県海老名市本郷、無職蔭西誠二容疑者(37)を逮捕した。 逮捕容疑は、既に逮捕された9人と共謀、2009年6月10日午前11時50分ごろ、小山市花垣町1丁目、無職男性(84)宅に押し入り、男性らを粘着テープで縛って現金約142万円などを奪った疑い。同署によると、容疑を否認している」。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.22

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(491)「低位仕手株に登場する宗教法人」

 宗教法人といっても、大都会ならいざ知らず、地方は少子高齢化に人口減で檀家の数は激減している。そのため、野村證券では宗教法人向けに「僧侶研修会」、「神職研修会」などの各種講演会、セミナーも行っているようだ。
 一昔前まで、神社は国債以外は投資できなかったが、お寺は昔から株式投資お盛んだったようで、怪しげな宝石会社である「サハダイヤモンド」(9898。JQ)の筆頭株主はいまも栃木県芳賀郡の(宗)慈照会。過去には、埼玉県越谷市のお寺が怪しげな銘柄の大株主に登場したこともある。
 そして近年も、突如、急騰する怪しげな銘柄(継続疑義注記、100円以下など、普通の投資家なら避けたい株)に度々登場する宗教法人がある。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月14日 - 2015年6月20日 | トップページ | 2015年6月28日 - 2015年7月4日 »