« 2015年5月17日 - 2015年5月23日 | トップページ | 2015年5月31日 - 2015年6月6日 »

2015.05.30

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第2回 梅雨期の養生実践法(水毒)」

 今回は梅雨の時期の過ごし方を中心に書かせていただきます。
 漢方の考え方の一つに、“気血水理論”というものがあります。
 人の体を車に例えると、気はエンジン、血はガソリン、水はラジエーター(加熱を防ぐ水)といったところです。どれが欠けても車はうまく動きません。ただし、水に関しては多過ぎると逆に毒になり、これを漢方では「水毒」と呼びます。
 日本という国は湿度が高いため、細菌が繁殖しやすく、新陳代謝が妨げられやすいという、実は人体にとっては厳しい風土なのです。特に湿度が高くなる梅雨~夏は、湿気で皮膚が塞がれうまく汗を蒸発できず、体内に水が溜まりやすくなります。そして行き場の無くなった水は水毒として体にたまり、悪影響を及ぼします。
 この「水毒」によって、さまざまな症状が引き起こされます。

 体が重だるい、痺れ、むくみ、めまい、頭痛、耳鳴り、うつ症状、高血圧、アレルギー性鼻炎、喘息、下痢、頻尿、皮膚病……。

 水毒があるという目印としては、横写真のように舌に歯型がくっきり付くこともあります。
 ところが、病院やスポーツクラブなどで脱水で熱中症や脳梗塞を起こすことを予防するために水をたくさん飲むように指導されることが多いようです。その結果、水毒による様々な症状を引き起こしているケースが増えています。もちろん、水は体にとって不可欠なものですし、脱水は命にかかわるので注意が必要です。しかし、多く摂れば良いというものではありません。〝過ぎたるは猶及ばざるが如し〟なのです。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「May J.」の楽曲パクリ疑惑が発端ーー音楽事務所社長VS「エイベックス」訴訟、第1回口頭弁論報告

 本紙がウォッチしている、昨年末、NHK紅白出場も果たした歌手「May J.」の楽曲パクリ疑惑ーーその件で、ついに被害に会ったという音楽事務所「サウンド・フューチャー」(東京都墨田区)の加藤豊社長が、レーベルの親会社である「エイベックス・グループ・ホールディングス」(7860。東証1部。代表取締役社長CEO・松浦勝人。東京都港区)などを相手取って東京地裁に提訴したのは本紙既報の通り。
 その第1回目の口頭弁論が5月26日午後1時半からあった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.28

当局も注目ーー「グローバルアジアホールディングス」の第三者割当増資引受先の背後

 ついに「石山Gateway Holdings」(7708。JQ)が弾け、“危ない上場企業”のなかで“ポスト石山”では、と注目を浴びている「グローバルアジアホールディングス」(3587。JQ。旧プリンシバル・コーポレーション)――。
 そんななか、明日が払込期日のグローバルアジアの約1億円の第三者割当増資引受先について気になる情報が入って来たのでお伝えする。
 他でもない、宝石販売などの「ロゼッタホールディングス」(東京都中央区)が一度、中止になったものの、再度、引受先になっている。だが、同社の背後に気になる金主がいると見て当局も関心を寄せているというのだ。 
 しかも、その金主のところに、現在、菊池博紀・グローバルアジア元副社長が勤めているとの情報もあるのだ。
 いうまでもなく、菊地元副社長といえば、当局がターゲットにしている有力候補。そして現中国人経営陣は、当局に睨まれているのは菊地氏を始めとする旧経営陣のせいで、自分たちは無関係との立場。
 ところが、現中国人が何とか経営を立て直すべく行う第三者割当増資引受先の背後に疑惑の菊地元副社長がいるとなれば、自分たちは無関係との言い分は成り立たなくなるのではないか。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<芸能ミニ情報>第28回 売れない俳優を食い物にする芸能ゴロの手口

 本紙では5月14日、この<芸能ミニ情報>連載で、ある女優が経歴を偽っていたこと、専属契約を破り他の芸能プロダクションにも所属し他の作品に出演したり、出演しようとしていたことから、韓国の大手映画製作会社「イーストスカイフィルム」(ソウル市)から、複数の会社と共に提訴された件を報じた。刑事告訴もしている(預かり)という。
 もっとも、この事件の背景には、売れない役者に対しチャンスがあると、専属契約など関係なく言葉巧みに吹き込み、自分たちのやっている“ワークショップ”なるものを勧める芸能ゴロの存在があり、その視点から見れば、今回訴えられた女優も被害者的側面も持っているようだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.27

<ミニ情報>「石山ゲートウェイ」の三木社長逮捕される

「石山Gateway Holdings」(7708。JQ)の三木隆一社長(68)は本日、東京地検特捜部に逮捕された。
 証券取引等監視委員会は昨年10月、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で同社を強制調査しており、地検特捜部はこの間、証券取引等監視委員会と連携し関係者に事情を聞き、資料分析を進めていた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新詳報ーー「オーイズミ」医療法人買収トラブルに反社の影(2)

 それにしても、パチスロのメダル計数機製造最大手「オーイズミ」(6428。東証1部。神奈川県厚木市)はコンプライアンスの在り方をどう考えているのだろうか。
 本紙が5月14日に報じたように、同社はパチスロ関連以外に、介護を新たな事業の柱にしようと医療法人を買収、約3300坪の土地も購入し病院を併設した高齢者施設を建設する計画を進めた。ところが、買収した医療法人に5億円もの“隠れ債務”があったことが判明。その一部支払いを迫られ、裁判になって計画が頓挫。それどころか、相手には反社の影さえ見え隠れするのだ。
 大きな損失が出る可能性もあれば、信用失墜のリスクもあるのだから、この間、IRをして当然。ところがいま現在も何らIRしていない。
 同社がこの関係でIRしたのはただ一度。12年8月30日、高齢者施設建設の基本計画を発表した時だけ。そこには「開業:平成26(14)年1~7月」と記されていたのだ。現在、すでにその開業予定より1年近く経ても何らIRしないのだから、上場企業としての基本的姿勢に疑問を感じないわけにはいかない。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.26

<お知らせ>「報道の自由と秘密保護法を考える市民集会」(本日午後6時30分~。東京・中野)

 本紙・山岡も原告に名を連ねている「フリーランス表現者42名による秘密保護法違憲訴訟」第6回口頭弁論がいよいよ迫って来た(6月3日午後2時~。東京地裁103号)。
 この第6回目はジャーナリスト仲間で原告代表の寺澤有氏と、林克明氏の尋問があり、本訴訟の最大の山場だ。
 是非とも多くの人に傍聴いただき、また世間の関心を盛り上げるべく、本日午後6時半から「報道の自由と秘密保護法を考える市民集会」を開催します。
 外国特派員協会会員で、同協会内で秘密保護法に関する啓蒙にあたって来たジェイク・エーデルスタインさんをお招きします。本紙・山岡もパネルディスカッションに参加します。
 奮って、参加下さい。

時間:本日18時30分~21時00分(18時開場)
場所:「なかのZERO」西館学習室1
入場無料

以下、タイムテーブル
18時30分~19時00分 基調講演
「外国特派員から見た日本の報道の自由」
ジェイク(ジャーナリスト、元読売新聞記者)

19時00分~19時30分 各地の秘密保護法違憲訴訟の報告
東京/岩本太郎 横浜/岩田薫 静岡/丸田潔 広島/林克明

19時40分~21時00分 パネルディスカッション
「日本の報道の自由は復活するのか」
パネリスト ジェイク/上出義樹(ジャーナリスト、元北海道新聞記者)/三宅勝久(ジャーナリスト、元山陽新聞記者)/山岡俊介(ジャーナリスト)。コーディネーター・寺澤有(ジャーナリスト)
司会 於保清見
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(484)「中国系社名ロンダリング上場企業」

 先週、中国留学生が創業のSI「SJI」(2315。JQ)、「グローバルアジアホールディングス」(3587。JQ)共に今年3月期決算の見直しをIRした。想像はついていたがやはり散々な内容だった(SJIは59億5500万円、グローバルアジアは11億6100万円の特別損失計上。連結)。両社共に中国系の上場企業である。
 SJIは5月29日が再延長した社債償還期限で、資金手当てが出来ないと上場廃止リスクがあると明記されている。一方、グローバルアジアは同じ5月29日が第三者割当増資の払い込み期日。債権者に対し、あれこれ手を尽くし、返済の猶予をお願いしているのも両社共に同じだ。
 もちろん、中国資本の“危ない上場企業”といっても、両社は全くの別会社で、5月29日の結果次第で上場廃止リスクがあるというのは偶然の一致。
 もっとも、両社共、上場廃止リスクが高まった原因は旧経営陣にあるといっているのはこれまた共通している。しかし、そんなことは分かりきっており、それでも買収(経営権を握った)したのは日本の資本市場を“カネのなる木”と捉えた結果で、当局がそう簡単には増資などの上場企業故の“錬金術”を認めなくなって来ているのは彼らの誤算に過ぎず、カネの集まらないいい訳にはならない。
 経営陣を入れ換えれば当局は軟化するとの読みが外れたことは、この両社以外の「(社名ロンダリング)中国系上場企業」にもいえることだろう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.24

愉快犯!? 司忍組長に出された「真珠宮」更地取引情報記載の配達証明郵便(2)

 本紙では5月16日、東京は新宿駅南口のすぐ近くという一等地にも拘わらず、後藤忠政元組長が逮捕されるなどいわくつきであることから長年更地のままになっている真珠宮ビル跡地に関して記した手紙が、山口組トップ・司忍6代目組長宛、兵庫県神戸市の山口組本部に出されていたことを報じた(手紙の内容を以下に再度転載)。
 近く後藤元組長がその売買の件でカンボジアから帰国するとも記されていたわけだが、その売却先相手とされる興味深い人物とは、朝堂院大覚(松浦良右)氏のことだった。
 その朝堂院氏から、1回目の記事を出してほどなく連絡があり、2度に渡り電話取材することが出来た。
 朝堂院氏によれば、この手紙は山口組本部では受け取り拒否。差出人として、朝堂院氏が総裁を勤める武道団体名と新橋の住所が記されていたことからそちらに“返送”された結果、その存在を知るところになったという。
 激怒しており、いま誰がこんな手紙を出したのか犯人捜しをしているという。
 そして、朝堂院氏は何気なく述べただけのことかも知れないが、その主張のなかには驚くべき内容が含まれていた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月17日 - 2015年5月23日 | トップページ | 2015年5月31日 - 2015年6月6日 »