« 山口組が分裂(24)山口組ナンバー3残留の真相 | トップページ | 「就学支援金」詐欺容疑ーー東京地検特捜部が「東理ホールディングス」などを家宅捜索 »

2015.12.08

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(529)「夢真HD」佐藤代表とある金融コンサル会社との不思議な関係

 本紙は12月1日、アベノミクスで絶好調の建設現場関連「夢真ホールディングス」(2362。JQ。東京都文京区)の佐藤真吾代表取締役会長兼社長が経営権を握る、持ち帰り寿司「小僧寿し」(9973。JQ。東京都中央区)の持ち株を今年中にも売却するとの情報を取り上げた。
 業績が一向に好転しないことに加え、出向従業員の不正な会計処理が明らかになり、嫌気がさしてのことと思われる。
 その不正会計解明のため10月に外部の弁護士などで作る調査委員会が設置され、11月30日、最終報告書が出された。しかし、肝心要の疑惑の従業員が自殺している事実さえ伏せられており、その報告書に関して大甘と指摘する向きもある。
 この根拠の1つが、同調査委員会委員長に就いているのが公認会計士の能勢元氏という事実。
 この能勢氏、「東京フィナンシャル・アドバイザーズ」(東京都千代田区)という金融コンサルタント会社の代表なのだが、夢真並びに小僧寿しの代表も務める佐藤氏と利益関係にあるため、「どこまで第三者的に調査できるのか?」、「そもそも能勢氏が委員長に就くこと自体、不適切」との指摘も出ていた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 山口組が分裂(24)山口組ナンバー3残留の真相 | トップページ | 「就学支援金」詐欺容疑ーー東京地検特捜部が「東理ホールディングス」などを家宅捜索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62832330

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(529)「夢真HD」佐藤代表とある金融コンサル会社との不思議な関係 :

« 山口組が分裂(24)山口組ナンバー3残留の真相 | トップページ | 「就学支援金」詐欺容疑ーー東京地検特捜部が「東理ホールディングス」などを家宅捜索 »