« 山口組が分裂(27)竹内・山口組若頭補佐の悪評 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(532)「当局が次に狙う? 大物」 »

2015.12.21

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第15回 お屠蘇の由来と作り方」

 宝酒造が行った「お屠蘇に関する意識調査」によると、「お屠蘇を飲む慣習の由来や意味を知っている人はわずか2割」という結果だそうです。この数字は若い世代になるともっと低くなると予想されます(以前に教えていた専門学校で質問したところ、お屠蘇という言葉を知っていたのは14、5名中たった一人だけでした)。
 今、お正月にお屠蘇を飲むという家はほとんどないのかもしれません。
 伝統が廃れつつあるのはちょっと寂しいですね……。
 私自身もお屠蘇という言葉だけは知っていたものの、正しい意味は知らず、「お正月に飲むお酒のこと」と思っていました。
 このお屠蘇、もともとは漢方処方だったのだと知ったのは漢方を勉強し始めてからです。
「屠蘇散」はもともと三国時代の名医、華佗(かだ)の処方で「千金方(せんきんほう)という漢方の医学書にも記載されています。
 屠蘇は「蘇」という悪鬼を屠(ほふ)るという意味です。
 これを元旦に飲むことにより疫病に罹らないための予防と治療を兼ねたものでした。
 本来の処方には烏頭、大黄が入った作用の強い生薬が配合されていました。
 烏頭は殺人事件にも使われたトリカブトの根ですし、大黄は便や滞った血を下す生薬ですから、飲みすぎると危険なのです。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 山口組が分裂(27)竹内・山口組若頭補佐の悪評 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(532)「当局が次に狙う? 大物」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62912253

この記事へのトラックバック一覧です: <*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第15回 お屠蘇の由来と作り方」 :

« 山口組が分裂(27)竹内・山口組若頭補佐の悪評 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(532)「当局が次に狙う? 大物」 »