« 大物「地面師」グループ詐欺事件の裏に上場企業オーナー説 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(523)くい打ちデータ偽装問題に深く関与も急騰する不可解銘柄 »

2015.11.17

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(522)「レセプト債権」破綻は詐欺事件か!? 他殺説も

「アーツ証券」始め証券会社7社は診療報酬請求権を基に「レセプト債」を227億円販売したが、この債券が破たんしたのはご存知の通り。結果、7社から同債権を購入した顧客約3000人が直の被害を被ることに。そのなかには約1億円購入していた商品先物取引会社「フジトミ」(8740。JQ)も。
 破産手続きを申し立てたのは、都内の資産運用会社「オプティファクター」(東京都品川区)と関連する3つのファンド。
 だが、オプティファクターはアーツ証券に11・8%出資する第3位株主でもあることは、この間、大手マスコミでは指摘されていないようだ。
 したがって、レセプト債権を顧客に年3%の利子を支払えるとして販売していた他の6証券会社同様に被害者面するのはおかしい。
 オプティファクターの創業者で前社長が13年3月に死亡すると、経営悪化が発覚するのもそうだが、本来レセプト債は健康保険組合から確実に支払われる非常に安全なものであることを考えればどう考えてもつじつまが合わない。破綻の原因は病院側が不正請求していたか、レセプト債権の資産が外部流出したかのどちらかしかない
だろう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 大物「地面師」グループ詐欺事件の裏に上場企業オーナー説 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(523)くい打ちデータ偽装問題に深く関与も急騰する不可解銘柄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62695709

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(522)「レセプト債権」破綻は詐欺事件か!? 他殺説も :

« 大物「地面師」グループ詐欺事件の裏に上場企業オーナー説 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(523)くい打ちデータ偽装問題に深く関与も急騰する不可解銘柄 »