« ついに上場廃止が決定した「エル・シー・エーホールディングス」ーー気になる訴訟の行方 | トップページ | 山口組が分裂(20)複数の山口組直系トップ・幹部まで神戸山口組側に合流との情報(倉本組の最新情報も) »

2015.11.05

本紙追及の「ウソ」性病診断医師ーー詐欺行為の動機は1億円超える借金!?

 本紙が徹底追及している「新宿セントラルクリニック」(東京都新宿区)林道也院長(医師)の、罹ってもいないのに患者に「性病」と告げ、診察や薬代(同クリニックは医薬分業になっていない)を取っている「詐欺行為」だが、なぜ、林院長はそこまでしてカネ儲けに走ったのか?
 新宿セントラルクリニック(法人ではない)こと林院長が個人民事再生法を申請、また自宅が競売になっていたことは本紙で指摘済みだが、去る10月15日にあった林院長に対する反対尋問で、そんな状態になった理由として多額の借金の存在が明らかになったのでお伝えする。
 その前に、新宿セントラルクリニックは「保健医療機関」の指定が停止される可能性があることが明らかになった。
 林院長自ら主張しているように、クラミジアの抗体検査の陽性基準値は「0・90」以上なのに、林院長は「0・00」以外の者はすべて陽性と診断していた模様で、だとすれば詐欺行為による被害者患者は数千人にも及ぶ。
 事は重大と見た弁護団は、この間、関係機関に調査を求めている。これに対し、関係機関は裁判の敗訴確定が1つの基準と答えている。そして、一番最初に提訴した患者の訴訟は1・2審共に患者側の勝訴で林院長は上告中。だが、憲法違反でもない限り棄却されるのは時間の問題だから。弁護団の1人が、本紙の取材にそういう見解を述べた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« ついに上場廃止が決定した「エル・シー・エーホールディングス」ーー気になる訴訟の行方 | トップページ | 山口組が分裂(20)複数の山口組直系トップ・幹部まで神戸山口組側に合流との情報(倉本組の最新情報も) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62620430

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙追及の「ウソ」性病診断医師ーー詐欺行為の動機は1億円超える借金!? :

« ついに上場廃止が決定した「エル・シー・エーホールディングス」ーー気になる訴訟の行方 | トップページ | 山口組が分裂(20)複数の山口組直系トップ・幹部まで神戸山口組側に合流との情報(倉本組の最新情報も) »