« 控訴へーー「秘密保護法違憲訴訟」、訴え却下(東京地裁) | トップページ | 下請け会社が追加提訴ーー北海道最大手コンビニ会社、「リベート」「運送費」も強要と計約11億2000万円損害求め »

2015.11.22

中国人、プラセンタ注射液「爆買い」の闇

 10月26日、東京・六本木のクリニック医師が、向精神薬「マジンドール」を中国人に転売していたとして、麻取が麻薬取締法違反容疑で逮捕したことが報道されている。
 だが、この記事、肝心の部分が抜けている。
 本来は高度肥満症患者の食欲抑制剤として使用される医薬品が、単なるやせ薬と別の目的のために需要があり、それは金儲けになるとみた者が、本来は医師が診療し適用患者のみに処方できるところ、大量に製薬会社から“在庫”として購入し、処方箋のない金持ちの中国人向けに違法に転売をしていたという背景あってのことと思われる点だ。
 その背景からいえば、いま、もっと人気で市場規模が大きいと見られるのはやせ薬としてではなく、肌が白くなる、シワが薄くなるなどの美容効果を期待してのプラセンタ注射液だろう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 控訴へーー「秘密保護法違憲訴訟」、訴え却下(東京地裁) | トップページ | 下請け会社が追加提訴ーー北海道最大手コンビニ会社、「リベート」「運送費」も強要と計約11億2000万円損害求め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62731264

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人、プラセンタ注射液「爆買い」の闇 :

« 控訴へーー「秘密保護法違憲訴訟」、訴え却下(東京地裁) | トップページ | 下請け会社が追加提訴ーー北海道最大手コンビニ会社、「リベート」「運送費」も強要と計約11億2000万円損害求め »