« <芸能ミニ情報>第39回 くい打ちデータ不正告発者に関する情報 | トップページ | <芸能ミニ情報>第40回 病院から撤去されていた清原の寄贈引退試合ユニフォーム »

2015.11.03

不起訴になった久間元防衛相代表NPO法人詐欺事件に驚愕証言

 昨年8月、「東日本大震災原子力災害等被災者支援協会」(東京都中野区)というNPO法人を舞台にした詐欺事件が浮上したのをご記憶だろうか。
 その名の通り、福島第一原発事故で被害を受けた者の賠償金を、東京電力との間に入り代行し支援してあげることを目的に謳っており、それだけ見れば何とも結構なことだ。
 ところが、風評被害などといい実際は詐取していたとして事件化。しかも、同NPO法人の代表に久間章生元防衛相(74)が就いていたということで話題を呼び、本紙でも事件直後に取り上げている。
 この事件、最初の逮捕はコンパニオン派遣、その後、シイタケの生産ができなくなったと虚偽の書類を東電に提出し同じく詐取したとして再逮捕となったが、結局、逮捕者4人全員、「被害弁償している」などの理由で不起訴になっている。
 ところが、本紙の元にこの事件につき、驚愕すべき情報が関係者からもたらされた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <芸能ミニ情報>第39回 くい打ちデータ不正告発者に関する情報 | トップページ | <芸能ミニ情報>第40回 病院から撤去されていた清原の寄贈引退試合ユニフォーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62607593

この記事へのトラックバック一覧です: 不起訴になった久間元防衛相代表NPO法人詐欺事件に驚愕証言 :

« <芸能ミニ情報>第39回 くい打ちデータ不正告発者に関する情報 | トップページ | <芸能ミニ情報>第40回 病院から撤去されていた清原の寄贈引退試合ユニフォーム »