« 公取も調査中ーー北海道最大手コンビニ会社が下請け会社との訴訟で敗訴 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(519)「あのカリスマトレーダーの真相」 »

2015.11.01

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第12回 漢方医学から見た冬の過ごし方」

 漢方では11月から1月の3カ月を冬としています。
 自然界では植物は種となって春を待ち、動物は冬眠し、収穫したものを貯蔵して春に備える季節です。
 その働きを「閉蔵(へいぞう)」と言います。
 閉じこめ,しまいこむ方向に自然界全体が働くのです。
 漢方医学では、人も自然界の一員として同じように自然界の法則に従うべきであるとしていますから、人も冬は閉蔵に従った行動や心の持ち方をするべきであるとしています。
「黄帝内経素問」の四気調神大論篇には、冬の過ごし方が以下のように書かれています。
「冬の季節の特徴は『閉蔵』。
 閉じこめ,しまいこむ方向に自然界全体が働く。
 この時期には水が氷り、地は凍ってさける。
 そんな時期には、自分の陽気の働きをかきみだすようなことをしてはいけない。
 なるべく早く寝て、遅く起きなさい。
 必ず日があがるのを待ってから行動するようにしなさい。
 志をかくしこみ、しまいこみ、心を表に現さないようにしなさい。
 私ごころがあるようにひそかにし、もう充分に得ることが有ったということにしなさい。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 公取も調査中ーー北海道最大手コンビニ会社が下請け会社との訴訟で敗訴 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(519)「あのカリスマトレーダーの真相」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62590244

この記事へのトラックバック一覧です: <*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第12回 漢方医学から見た冬の過ごし方」 :

« 公取も調査中ーー北海道最大手コンビニ会社が下請け会社との訴訟で敗訴 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(519)「あのカリスマトレーダーの真相」 »