« 背任容疑などで刑事告訴へーーあの旧皇族・竹田家関連「松見病院」売却巡り(2) | トップページ | 「オプトロム」反社関係虚偽記載上場廃止でクローズアップされる面々(3) »

2015.10.01

「クレアホールディングス」の新規事業計画に疑義アリ

 相変わらず怪しい人脈が関わり続け、仕手株となっている「クレアホールディングス」(旧東邦グローバルアソシエイツ。1757。東証2部。東京都港区)。「継続疑義注記」で、“危ない上場企業”の代表的銘柄といっていい。ーー直近も、関係者が「近く株価が2倍近くになる」と株式ブローカーなどにいって回っているようだが、いまのところ株価上昇の動きは現れていない。
 聞くところによると、今回の株価上昇の材料は企業合併であるようだ。
 その相手企業名に関しては情報提供者は口をつぐんでいるが、そこで注目されるのがクレアが今年5月26日にIRしたエンジンオイルメーカーとサービサーの買収計画。
 この計画、6月26日の定時株主総会で可決され、6月29日にはすべて行使されれば23億円以上になる新株予約権発行の払い込みも完了。主力の太陽光発電モジュール販売だけでは経営基盤が安定しないとして多角化の新規柱として前述の2社買収を決定。その買収資金はこの新株予約権行使資金で補うとしている。
 ところが、新たな成長エンジンになるとクレアが期待するこの2社のうち、少なくともサービサー会社の方に関しては疑問を感じないわけにはいかないのだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 背任容疑などで刑事告訴へーーあの旧皇族・竹田家関連「松見病院」売却巡り(2) | トップページ | 「オプトロム」反社関係虚偽記載上場廃止でクローズアップされる面々(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62391100

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレアホールディングス」の新規事業計画に疑義アリ :

« 背任容疑などで刑事告訴へーーあの旧皇族・竹田家関連「松見病院」売却巡り(2) | トップページ | 「オプトロム」反社関係虚偽記載上場廃止でクローズアップされる面々(3) »