« <芸能ミニ情報>第30回 大手マスコミが待つ清原和博氏のXデー | トップページ | パチンコ店と保育施設が同居ーー府中駅前複合ビルで管理組合・管理会社の癒着疑惑 »

2015.09.12

「May J.」の楽曲パクリ疑惑が発端ーー音楽事務所社長VS「エイベックス」訴訟、第3回口頭弁論報告

 本紙がウォッチしている、昨年末、NHK紅白出場も果たした歌手「May J.」の楽曲パクリ疑惑ーーその件で、ついに被害に会ったという音楽事務所「サウンド・フューチャー」(東京都墨田区)の加藤豊社長が、レーベルの親会社である「エイベックス・グループ・ホールディングス」(7860。東証1部。代表取締役社長CEO・松浦勝人。東京都港区)などを相手取って東京地裁に提訴したのは本紙既報の通り。
 その第3回目の口頭弁論が9月3日午前10時からあったので、第1回目、第2回目に続き報告する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <芸能ミニ情報>第30回 大手マスコミが待つ清原和博氏のXデー | トップページ | パチンコ店と保育施設が同居ーー府中駅前複合ビルで管理組合・管理会社の癒着疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62263091

この記事へのトラックバック一覧です: 「May J.」の楽曲パクリ疑惑が発端ーー音楽事務所社長VS「エイベックス」訴訟、第3回口頭弁論報告 :

« <芸能ミニ情報>第30回 大手マスコミが待つ清原和博氏のXデー | トップページ | パチンコ店と保育施設が同居ーー府中駅前複合ビルで管理組合・管理会社の癒着疑惑 »