« <主張>安保法案を“火事”や“持病”に例える安倍晋三首相の資質 | トップページ | 法廷で飛び出した、「RVH」社長ら旧ライブドア残党の反社疑惑(3)熊谷元ライブドア社長分証言(続き) »

2015.08.03

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(503)「仕手筋と取り巻き女性」

 企業でトップに登りつめた人、事業で成功した人、なかでも相場で大儲けした人のなかには、女性が原因で失敗する例が多いようだ。
 古い話で恐縮だが、かつて鈴木その子が田園調布の豪邸を購入したことがあった。普通、物件が売り出されれば仲介業者はレインズなどを通じ情報を入手するが、この場合、中古市場に出た形跡が全くなく相対売買だったようだ。元の保有者はあの横井英樹である。若い方は横井英樹といってもピンと来ないだろが、検索すればどういう人物かすぐ分かります。
 当時、横井はホテルニュージャパンの火災後で日産生命などに多額の借金を抱えていた。日産生命は結局横井に潰されたようなものだが、当の横井は借金は自分のもの、といわんばかりに財産を隠すことにご熱心だったようだ。そのひとつが田園調布の物件といわれている。
 また、かつて横井と株式投資で取引のあった大手証券の人がいうには、あの○姉妹も横井の愛人だったとのこと。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <主張>安保法案を“火事”や“持病”に例える安倍晋三首相の資質 | トップページ | 法廷で飛び出した、「RVH」社長ら旧ライブドア残党の反社疑惑(3)熊谷元ライブドア社長分証言(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/62012412

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(503)「仕手筋と取り巻き女性」 :

« <主張>安保法案を“火事”や“持病”に例える安倍晋三首相の資質 | トップページ | 法廷で飛び出した、「RVH」社長ら旧ライブドア残党の反社疑惑(3)熊谷元ライブドア社長分証言(続き) »