« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(498)「宮越ホールディングス」の株価高騰に周期性あり!? | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(499)日本年金機構の個人情報漏えいの“踏み台”にされた上場企業子会社の実名 »

2015.07.14

スーパーゼネコン絡みかーー福岡県警元警部が「工藤会」に撃たれた真相(2)

 7月9日の本紙のこの第一弾記事が反響を呼んでいる。
 福岡県警が「工藤会」(本部・北九州市)壊滅を目指すなか、その工藤会に銃撃されたと見られる“悲劇のヒーロー”が、実は工藤会ご用達いってもいい「小倉記念病院」(同)に天下りっていて、同病院立替工事受注を巡るスーパーゼネコンの裏ガネの件で工藤会の野村悟総裁と揉めた末の銃撃との疑惑を指摘したものだ。
 それが事実なら、“悲劇のヒーロー”どころか、工藤会との“内紛”ともいえなくもない。実にショッキングな話なのだから、反響を呼ぶのも無理もないだろう。
 もっとも、読者のなかにはそうした疑惑の指摘につき、何を根拠にと反発を覚える方もいるかも知れない。事が事だけに無理もない。
 だが、本紙はむろん工藤会側の肩を持つ気などさらさらないし、この情報のネタ元も工藤会側ではない。
 情報源の秘匿から詳細はいえないが、小倉記念病院筋からのものだ。そして、その情報はかなり詳細だ。
 それを実感してもらう上で、この第2弾記事では、病院立替工事受注を巡るある具体的な疑惑を“物証”と共に指摘したい。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(498)「宮越ホールディングス」の株価高騰に周期性あり!? | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(499)日本年金機構の個人情報漏えいの“踏み台”にされた上場企業子会社の実名 »

コメント

当職に対し爆破予告を行い、脅迫罪に該当する行為を行った愛媛県今治市波止浜169在住 中島大士容疑者に対し、警察より検察庁へ送検されました。
この愛媛県今治市波止浜169在住 中島大士容疑者に対しては今後損害賠償請求訴訟を提起致します。

投稿: 愛媛県今治市波止浜169在住 中島大士容疑者 | 2015.10.29 00:10

初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。
その代わりに中島大士のモノが司忍の中を動くたびに、腸内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。
「うぅっ…あぁ…大士…気持ちいいです。」
「俺もだ…」
「良かった…大士も忍で気持ちよくなってるんですね…っうん!」
…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」
ピストン運動を続けながら中島大士が呟く。正直こちらも限界が近づいている。
「忍も…イキそう…大士、今日忍、安全日なんです。だから…中にっ!」
「忍っ…もう限界だ…」
「はい。なかしまたいし、いつでも…どうぞ。」
「うっ…くうっ…」
中島大士はそのまま司忍の中に精液を発射した。熱いドロリとした精液が司忍の腸内に注がれていくのが分かる。
「イクっ…イっちゃう…」
殆ど同じタイミングで忍も達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。
「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」
抱き合いながら中島大士が呟く。
…はい…その心構え、立派だと思います。」
「男としてそれくらいは…な。」
  暴走族が山口組の組長を孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。

投稿:  a | 2015.08.01 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61887150

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーゼネコン絡みかーー福岡県警元警部が「工藤会」に撃たれた真相(2) :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(498)「宮越ホールディングス」の株価高騰に周期性あり!? | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(499)日本年金機構の個人情報漏えいの“踏み台”にされた上場企業子会社の実名 »