« <記事紹介>「帝国データバンクーー信用ならざる『信用調査会社』の実態」(『選択』7月号) | トップページ | 「半永久の蓄電池開発」詐欺容疑者の余罪 »

2015.07.23

<*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第6回 夏の土用の養生ーーウナギは漢方的にはNG」

 夏の土用は立秋の前の約18日間を指します。
 今年2015年の夏の土用は7月20日から8月6日です。
「土用」というのはじつは夏だけではなく春、夏、秋、冬それぞれの季節にあるもので、その季節を破壊して次の季節を再生する時期ということになります。春を壊して夏になり、夏を壊して秋になる、という具合で季節が巡るのですが、それを自然界の「土」の働き(土は様々なものを分解し、新しく育てる)に見立てているのです。
 そんな土用の時期は、季節の変わり目で気候も不安定になり、自然界の影響を受けて人も体調を崩しやすくなります。特に五行(木火土金水)で土に配当される胃腸の働きを崩しやすくなります。
 この夏の土用のころは、高温で湿度も高い日が続きます。この季節は汗が出にくかったり、汗をかいてもすぐには乾かずベタベタします。また汗で湿った衣服や雨に濡れたり、住まいの湿気などが原因で『湿邪(しつじゃ)』を受けやすくなります。湿邪が体の浅い部分を侵すと、
・関節が重い感じで動かしにくくなる
・体全体が重だるい
・むくみやすくなる
・おっくうで疲れた感じ
といった症状が出やすくなります。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <記事紹介>「帝国データバンクーー信用ならざる『信用調査会社』の実態」(『選択』7月号) | トップページ | 「半永久の蓄電池開発」詐欺容疑者の余罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61942608

この記事へのトラックバック一覧です: <*新連載* 漢方専門家・平地治美の健康の勧め>「第6回 夏の土用の養生ーーウナギは漢方的にはNG」 :

« <記事紹介>「帝国データバンクーー信用ならざる『信用調査会社』の実態」(『選択』7月号) | トップページ | 「半永久の蓄電池開発」詐欺容疑者の余罪 »