« 後藤元組長帰国説の真相 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(488)モグリ「投資顧問」の合法・違法の境界 »

2015.06.14

<書籍紹介>「秘密保護法違憲訴訟」本人尋問で指摘ーー『自衛隊が配布した“秘密のカード”』(著・寺澤有。インシデンツ)

 本紙・山岡も原告に名を連ねている「フリーランス表現者42名による秘密保護法違憲訴訟」は、安倍政権が米国と共に世界中で戦争が出来ることを目指す「安保法制」(戦争法案)と一体の関係にある「秘密保護法」は憲法違反だとして無効を求めるもの。
 その違憲訴訟の6月3日原告本人尋問で、ジャーナリスト仲間の寺澤有氏が、自衛隊の「隊員家族連絡カード」なるものの存在につき暴いたのは本紙でも既報の通り。
 その際は、秘密保護法施行下、ネタ元の隊員が特定秘密だとして逮捕されることを恐れたと思われる結果、寺澤有氏は話しか聞けなかったが、その後、何とか問題のカードを入手し、この間の取材経過も含め一冊にまとめたという。
 それが本書『早くも戦死者を想定ーー自衛隊が配布した“秘密のカード”』(著・寺澤有。インシデンツvol.2。294円。Kindle版)。是非、ご一読を
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ


|

« 後藤元組長帰国説の真相 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(488)モグリ「投資顧問」の合法・違法の境界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61742062

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>「秘密保護法違憲訴訟」本人尋問で指摘ーー『自衛隊が配布した“秘密のカード”』(著・寺澤有。インシデンツ) :

« 後藤元組長帰国説の真相 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(488)モグリ「投資顧問」の合法・違法の境界 »