« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(493)日本年金機構の個人情報漏えいの“踏み台”にされた上場企業子会社 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(494)「リミックスポイント」会長に国重氏が就いた理由 »

2015.06.27

<主張>百田尚樹「沖縄2紙をつぶせ」発言ーー櫻井よしこと共に筆を折っては

 いうまでもなく、作家の百田尚樹氏が6月25日の自民党の勉強会で、安全保障関連法案に関して、「沖縄2紙をつぶせ」と発言した件だ。
 政治的発言はほとんどしない本紙だが、いくら何でも看過出来ないので主張しておく。
 この問題で、谷垣禎一自民党幹事長は「メディアに対して批判、反論があっていいが、主張の仕方にも品位が必要だ」と述べている。また自身、この問題の勉強会に参加していた加藤勝信官房副長官に至っては「(百田氏は)作家としての立場で話していた。そうした視点の意見は拝聴に値すると思った」と説明している。
 百田氏と友人で、彼をNHK経営委員に推した安倍晋三首相もそうだが、なぜ自民党幹部はこんな認識しか持てないのか?
 百田氏の発言は、品位云々のレベルの話ではない。
 自分と違う意見の相手を批判するのは自由だ。だが、「つぶす」=存在を許さないと公言することは明らかに言論の自由のレベルを超えており、単なるレイシストであり、そんな者を政権を担う自民党の勉強会に入れていてはいけないのだ。
 また、作家の意見というが、作家とて“言論人”であり、気に入らない者、それも「琉球新報」と「沖縄タイムス」という報道機関をつぶせというのは、いうまでもないが、言論人の最低限の資格さえないことを意味している。 
 百田氏は「冗談でいった」というが、恥の上塗りだ。
 この百田発言を聞き、やはり安倍首相のお友達である、ジャーナリスト・櫻井よしこ氏のかつての発言を思い出した。
 約2年前、沖縄での保守系の祖国復帰記念式典に出席した櫻井氏は、辺野古への普天間米軍基地移設に反対する沖縄2紙を「後ろ向きで反本土、反日本」と批判。そして沖縄県民に「沖縄の方々が日本人であるからには、日本国民として行動する心を持って欲しい」とも述べ、沖縄2紙、そして沖縄県民が「非国民」でもあるかのような発言をした件だ。
 櫻井氏はもう少し慎重で、さすがに百田氏のように直につぶせとはいっていない。だが、「朝日新聞」に関しては慰安婦問題の件で「廃刊にすべき」とまで公言しているのだから五十歩百歩だ。
 言論人に値しない百田・櫻井両氏はこの際、揃って筆を折ってはどうか。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(493)日本年金機構の個人情報漏えいの“踏み台”にされた上場企業子会社 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(494)「リミックスポイント」会長に国重氏が就いた理由 »

コメント

すいませんが貴ブログ下記URL内の全コメント削除
お願いします。

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2012/12/post-243a.html

*平成27年5月12日和解となりました
事件の表示  平成26年(ワ)第1885号
大阪地方裁判所第11民事部準備手続室
原告
大阪市大正区小林一丁目1番1号
原告          株式会社ときわメディックス
同 代表取締役     中川泰一
大阪市大正区小林一丁目1番1号
原告          医療法人常磐会
同代表者理事長     中川博
被告            

原告弁護士
清水陽平 (東京弁護士会所属・35526)
http://www.alcien.jp/shimizu.ph
被告弁護士
http://kenroku.net/

こちらからの和解の条件
平成26年(ワ)第1885号 損害賠償請求事件
損害金286万円
原告  株式会社ときわメディックス外1名
被告  

・伏字にはしない
・私が投稿したものの中で削除依頼がきたもの
全てが原告らの名誉・信用を毀損するものではなく,本来,
削除の必要性がないものも多く含まれていると考えておりますが,
本件事件の解決のため,一旦,これらの記事の全部の削除を受け入れることと致しました。
しかしながら,「別紙記載の記事」の全てについて,
被告に削除権限があるのかどうかわからず,
実際に削除できるかどうかもわかりません。
したがって,「別紙記載の記事」の削除については,
「被告に削除権限がない場合はこの限りではない」
等の文言を入れて頂きたいと思います。
また,削除できるとしても,削除対象が膨大な量に及ぶため,
相当の時間を要すると思われます。したがって ,削除までの猶予期間として,
6か月間いただきたいと思います。
 前述のとおり,被告としては,これらの記事の全てが原告らの
名誉・信用を毀損するものではないと考えているため,今後も,
原告らについての投稿をしていく意向を持っています。
今後,被告が原告らについて投稿する際には,以下の内容にて,
行っていくことを考えています。
これらについて和解調書に記載していただく必要はありませんが,
和解にあたって,原告に認識しておいて頂きたいと思います。
原告らと株式会社CBCとが関係していたという事実
(原告ときわが株式会社CBCから臍帯血保管事業を引き継いだこと等)は記載する。
そして,株式会社CBCについて記載する際,
株式会社CBCが未公開株詐欺をしていた事実は記載する。
 株式会社CBCが消えた理由と事実は記載する。
その他の被告が認識している原告らの問題点については投稿する。
 原告らから被告の投稿した記事について,
原告らの名誉・信用を毀損するものである旨の申し出がなされた場合,
被告は前記申出に誠実に対応す るが,原告らも被告からの質問に誠実に回答してもらいたい。
以上が和解の前提となりますので,ご検討のほど,よろしくお願い致します。

和解条項
1 被告は、別紙投稿目録4ないし7記載の各記事及び別紙対象URL
  一覧記載の各URLに係る記事を平成27年7月須末日
  までに削除する。
  ただし、被告に削除権限がない記事については、
  被告は削除するための
  合理的な努力を行い、原告らに対し、上記同日までに
  その結果を報告する。
2 被告は、原告らに対し、正当な根拠に基づかずに、
  一般人の普通の注意と
  読み方を場合に、原告らが未公開株詐欺に関わっている、又は、
  原告らが暴力団と関係があると読み取ることができる、原告らの
  名誉・毀損する記事を投稿しないことを確約する。
3 被告が前項に違反して、原告らの名誉・毀損する記事 を
  投稿し たときは、
  被告は、原告らに対し、それぞれ違約金として10万円を
  支払うこととする。
  ただし、この違約金は、原告らの被告に対する損害賠償請求権
  の上限を画するものではない。
4 被告は原告らから被告の投稿した記事について、
  原告らの名誉・信用を
  毀損するものである旨の申し出がされた場合、原告らと真摯に協議し
  、速やかに記事を削除するなどの措置をとる。
5 原告らはその余の請求を放棄する。
6 原告らと被告は、原告らと被告との間には、
  本和解条項に定めるものの
  のほか、何らの債権債務がないことを相互に確認する。
7 訴訟費用は各自の負担とする。

投稿: 2130 | 2015.06.28 15:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61802476

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>百田尚樹「沖縄2紙をつぶせ」発言ーー櫻井よしこと共に筆を折っては :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(493)日本年金機構の個人情報漏えいの“踏み台”にされた上場企業子会社 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(494)「リミックスポイント」会長に国重氏が就いた理由 »