« 「オーイズミ」医療法人買収トラブルに反社の影 | トップページ | 愉快犯!? 司忍組長に出された「真珠宮」更地取引情報記載の配達証明郵便 »

2015.05.16

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(482)「石山ゲートウェイ」三木社長復帰+審査会委員長解任の真相!?

「石山Gateway Holdings」(7708。JQ)といえば、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで証券取引等監視委員会の強制調査を受け、創業者の三木隆一氏は昨年12月、社長を辞任。
 以来、Xデーに向け、首を洗って待っているのかと思ったら、何と4月30日開催の臨時取締役会で、後釜の社長に就いていた武井暁郎氏は解任され、三木氏は社長に復帰。近く開催予定の臨時株主総会までのことというが、いくら何でも驚きだ。
 この代表取締役の異動と同じく4月30日の同社IRによれば、有価証券報告書の虚偽記載の疑惑浮上を契機に、今年2月、コーポレートガバナンス機能の見直し・強化のために発足した「投資審査会」の委員長に就いていた水野晃弁護士も解任されたという。
 しかし、その解任理由、訴訟を依頼していたがそれを放置していたこと、および、このような利害関係を有する者が審査会委員長であるのは公平性の観点から問題といわれても、石山ゲートウェイが依頼しておきながら問題もないだろう。真相はどういうことなのか?
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「オーイズミ」医療法人買収トラブルに反社の影 | トップページ | 愉快犯!? 司忍組長に出された「真珠宮」更地取引情報記載の配達証明郵便 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61595549

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(482)「石山ゲートウェイ」三木社長復帰+審査会委員長解任の真相!? :

« 「オーイズミ」医療法人買収トラブルに反社の影 | トップページ | 愉快犯!? 司忍組長に出された「真珠宮」更地取引情報記載の配達証明郵便 »