« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(479)国税局の邱永漢氏親族24億円申告漏れ指摘に快哉を叫ぶ声も | トップページ | 対「ユニバーサルエンターテインメント」名誉毀損訴訟、本紙側上告棄却もーー総額4215億5000万円の株主代表訴訟提起 »

2015.05.07

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(480)ネット証券再編?

 手数料自由化後、大手から異業種までネット取引に参入したがここ数年はネット証券大手といえばSBI、楽天、松井、マネックス、カブドットコム、岡三オンライン、GMOクリックで固まって来たようだ。そこには野村、大和、みずほ、日興の名前はない。全国に支店がありながら成功したのは唯一、岡三証券だけだ。
 そのネット証券各社は1~3月期こそ芳しくなかったものの、安倍政権後の業績は快調そのもの。 しかし、相場は水物。先のことは誰にもわからない。
 冒頭で挙げたネット証券のなかで楽天証券に注目したい。
 現在、楽天グループはりんかい線(東京都品川区)の「品川シーサイド駅」(副駅名は楽天タワー前)に集結しているが、この8月にも現在建設中の東急線「二子多摩川駅」前の高層ビル(冒頭写真)に引っ越す予定。グループの急成長で、現在入居しているビルが手狭になったのが理由のようだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(479)国税局の邱永漢氏親族24億円申告漏れ指摘に快哉を叫ぶ声も | トップページ | 対「ユニバーサルエンターテインメント」名誉毀損訴訟、本紙側上告棄却もーー総額4215億5000万円の株主代表訴訟提起 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61551044

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(480)ネット証券再編? :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(479)国税局の邱永漢氏親族24億円申告漏れ指摘に快哉を叫ぶ声も | トップページ | 対「ユニバーサルエンターテインメント」名誉毀損訴訟、本紙側上告棄却もーー総額4215億5000万円の株主代表訴訟提起 »