« 「May J.」楽曲パクリ疑惑ーーついに音楽事務所社長が「エイベックス」などを提訴 | トップページ | 親会社MCJが縁切りーー「架空リース」詐欺疑惑子会社と組んでいたレセプト代行団体の重大疑惑(1) »

2015.05.11

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(481)ネット証券再編?(2)

 シティ傘下時代の日興証券が解体されている間に三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券が規模(株式委託手数料)でも上回って来て、日興証券はSMBC傘下で追い上げ中も現在、野村、大和に次ぐどころか5位に成り下がっている。
 今日はそのSMBC日興証券ではなく、規模では躍進しているみずほ証券にスポットを当ててみた。
 みずほ証券の主な母体は興銀証券に、旧興銀系だった新日本証券、和光証券、それに旧第一勧銀系のみずほインベスターズ証券の寄り合い所帯だ。
 もっとも、みずほFGの一員となり、旧興銀主導の下、証券出身者はこの数年間でかなり追放されたようだ。
 この数年でアナリストも大きく変わった。
 特に旧和光、旧みずほインベスターズ出身者はほとんどいなくなっている。代わって大手や外資からスカウト、あるいは銀行からの天下り組がアナリスト部門を独占している。旧新日本証券出身者がわずかに残っている程度だろう。他の主要部門も同様。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「May J.」楽曲パクリ疑惑ーーついに音楽事務所社長が「エイベックス」などを提訴 | トップページ | 親会社MCJが縁切りーー「架空リース」詐欺疑惑子会社と組んでいたレセプト代行団体の重大疑惑(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61574713

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(481)ネット証券再編?(2):

« 「May J.」楽曲パクリ疑惑ーーついに音楽事務所社長が「エイベックス」などを提訴 | トップページ | 親会社MCJが縁切りーー「架空リース」詐欺疑惑子会社と組んでいたレセプト代行団体の重大疑惑(1) »