« 愉快犯!? 司忍組長に出された「真珠宮」更地取引情報記載の配達証明郵便(2) | トップページ | <お知らせ>「報道の自由と秘密保護法を考える市民集会」(本日午後6時30分~。東京・中野) »

2015.05.26

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(484)「中国系社名ロンダリング上場企業」

 先週、中国留学生が創業のSI「SJI」(2315。JQ)、「グローバルアジアホールディングス」(3587。JQ)共に今年3月期決算の見直しをIRした。想像はついていたがやはり散々な内容だった(SJIは59億5500万円、グローバルアジアは11億6100万円の特別損失計上。連結)。両社共に中国系の上場企業である。
 SJIは5月29日が再延長した社債償還期限で、資金手当てが出来ないと上場廃止リスクがあると明記されている。一方、グローバルアジアは同じ5月29日が第三者割当増資の払い込み期日。債権者に対し、あれこれ手を尽くし、返済の猶予をお願いしているのも両社共に同じだ。
 もちろん、中国資本の“危ない上場企業”といっても、両社は全くの別会社で、5月29日の結果次第で上場廃止リスクがあるというのは偶然の一致。
 もっとも、両社共、上場廃止リスクが高まった原因は旧経営陣にあるといっているのはこれまた共通している。しかし、そんなことは分かりきっており、それでも買収(経営権を握った)したのは日本の資本市場を“カネのなる木”と捉えた結果で、当局がそう簡単には増資などの上場企業故の“錬金術”を認めなくなって来ているのは彼らの誤算に過ぎず、カネの集まらないいい訳にはならない。
 経営陣を入れ換えれば当局は軟化するとの読みが外れたことは、この両社以外の「(社名ロンダリング)中国系上場企業」にもいえることだろう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 愉快犯!? 司忍組長に出された「真珠宮」更地取引情報記載の配達証明郵便(2) | トップページ | <お知らせ>「報道の自由と秘密保護法を考える市民集会」(本日午後6時30分~。東京・中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61645874

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(484)「中国系社名ロンダリング上場企業」 :

« 愉快犯!? 司忍組長に出された「真珠宮」更地取引情報記載の配達証明郵便(2) | トップページ | <お知らせ>「報道の自由と秘密保護法を考える市民集会」(本日午後6時30分~。東京・中野) »