« みずほ銀行元幹部詐欺事件ーー「被害者の会」代表は本当に被害者なのか!?(5)1億4000万円強奪を物語る「及川文書」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(481)ネット証券再編?(2) »

2015.05.10

「May J.」楽曲パクリ疑惑ーーついに音楽事務所社長が「エイベックス」などを提訴

 本紙がウォッチしている、昨年末、NHK紅白出場も果たした歌手「May J.」の楽曲パクリ疑惑ーーその件で、ついに被害に会ったという音楽事務所「サウンド・フューチャー」(東京都墨田区)の加藤豊社長が、レーベルの親会社である「エイベックス・グループ・ホールディングス」(7860。東証1部。代表取締役社長CEO・松浦勝人。東京都港区)などを相手取って東京地裁に提訴していたことがわかった。提訴日は4月13日。
 この疑惑は『週刊新潮』も年始早々に報じた。また、その後、エイベックス本社前などでただ1人、ワンボックスカーで街宣活動を行っていた加藤社長に対し、エイベックスや松浦代表個人などは街宣禁止の仮処分を申し立てながら、その後、自ら取り下げるという予想外の展開になっていた。(「訴状」などは以下に転載)
 訴状などによれば、被告はエイベックスの他、「エイベックス・デジタル」「エイベックス・ミュージック・クリエイティブ」「エイベックス・ミュージック・パブリッシング」の3社。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« みずほ銀行元幹部詐欺事件ーー「被害者の会」代表は本当に被害者なのか!?(5)1億4000万円強奪を物語る「及川文書」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(481)ネット証券再編?(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61570380

この記事へのトラックバック一覧です: 「May J.」楽曲パクリ疑惑ーーついに音楽事務所社長が「エイベックス」などを提訴 :

« みずほ銀行元幹部詐欺事件ーー「被害者の会」代表は本当に被害者なのか!?(5)1億4000万円強奪を物語る「及川文書」 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(481)ネット証券再編?(2) »