« <短期集中連載>麻生副総理と地元町長との癒着疑惑(4)食中毒(ノロウイルス発生)隠蔽疑惑の真相 | トップページ | <お知らせ>本日夕方から、安田浩一氏講演「外国人労働者問題と秘密保護法(仮題)」 »

2015.04.21

あの対IS民兵組織「国防団結同士会」ナンバー1、2の正体が明らかに

 本紙で今年2月3日の第一弾記事を皮切りに4度報じている、実質、イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)に対抗する日本人民兵組織といっていい「国防団結同士会」(東京都江戸川区)のナンバー1、2の正体が明らかになった。
 本日発売の『週刊大衆』(5月4日号)の「NEWSワイド」欄に代表の川口真京氏は顔まで出して登場。また、同記事のなかでナンバー2も紹介されている。
 本紙では4度目の記事で、この同士会メンバーが2月22日にトルコ軍が行った軍事作戦に参加し、IS側と交戦になったとの証言を報じているが、『大衆』記事では、その結果、IS側から37名の戦死者が出たとの川口代表のコメントも載っている。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <短期集中連載>麻生副総理と地元町長との癒着疑惑(4)食中毒(ノロウイルス発生)隠蔽疑惑の真相 | トップページ | <お知らせ>本日夕方から、安田浩一氏講演「外国人労働者問題と秘密保護法(仮題)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61470449

この記事へのトラックバック一覧です: あの対IS民兵組織「国防団結同士会」ナンバー1、2の正体が明らかに :

« <短期集中連載>麻生副総理と地元町長との癒着疑惑(4)食中毒(ノロウイルス発生)隠蔽疑惑の真相 | トップページ | <お知らせ>本日夕方から、安田浩一氏講演「外国人労働者問題と秘密保護法(仮題)」 »