« あの対IS民兵組織「国防団結同士会」ナンバー1、2の正体が明らかに | トップページ | <短期集中連載>麻生副総理と地元町長との癒着疑惑(5)競艇場トラブルに見る独断町政 »

2015.04.21

<お知らせ>本日夕方から、安田浩一氏講演「外国人労働者問題と秘密保護法(仮題)」

 本紙・山岡も原告に名を連ねている「フリーランス表現者42名による秘密保護法違憲訴訟」も訴訟提起から1年を超え、いよいよ佳境を迎えています。
 同法廃止の機運をさらに高めるべく、原告団では本日(4月21日)夕方から、訴訟経過報告会&講演を開催します。
 講演では、原告の一人で今年の大宅賞受賞ジャーナリストである安田浩一氏(50。冒頭写真)が、外国人労働者問題を切り口に秘密保護法の危険性について語ります。

日時:4月21日(火) 18時から21時
場所:岩波セミナールーム(岩波書店アネックスビル3階。東京都千代田区神田神保町2-3-1 http://bit.ly/1yspHbp)
料金:無料
主催:秘密保護法違憲訴訟原告団
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« あの対IS民兵組織「国防団結同士会」ナンバー1、2の正体が明らかに | トップページ | <短期集中連載>麻生副総理と地元町長との癒着疑惑(5)競艇場トラブルに見る独断町政 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61470702

この記事へのトラックバック一覧です: <お知らせ>本日夕方から、安田浩一氏講演「外国人労働者問題と秘密保護法(仮題)」 :

« あの対IS民兵組織「国防団結同士会」ナンバー1、2の正体が明らかに | トップページ | <短期集中連載>麻生副総理と地元町長との癒着疑惑(5)競艇場トラブルに見る独断町政 »