« 被害者が告白ーー自転車の「当たり屋」にご注意 | トップページ | <短期集中連載>麻生副総理と地元町長との癒着疑惑(1)「異常とも思える厚待遇で『スーパー麻生』を誘致」 »

2015.04.06

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(474)「兜町栄枯盛衰」(下)

 前回、(上)の続きだ。
 アベノミクスの恩恵を受け株価は大きく上昇し、臨時ボーナスの証券会社もあるほどだ。しかしそれは大手、ネット証券、その他特色のある証券会社だけで、兜町に生息する旧態依然とした証券会社は相変わらず経営が厳しい。
 そして、追い詰められたこうした証券会社は手数料欲しさに危ない投資家からの注文も受ける。一般の証券会社が取引を拒否する投資家でも、あの手のこの手を使って取引しているようだ。例えばこうだ。
 問題ありの投資家Aは、Bという借名を使って取引をする。
 今は電話録音するため、その旧態依然の証券会社営業マンは事前にAと携帯を使ってやり取りし、次にBに偽装売買の確認電話を入れる。約定報告はBにも入れる。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 被害者が告白ーー自転車の「当たり屋」にご注意 | トップページ | <短期集中連載>麻生副総理と地元町長との癒着疑惑(1)「異常とも思える厚待遇で『スーパー麻生』を誘致」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61399272

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(474)「兜町栄枯盛衰」(下) :

« 被害者が告白ーー自転車の「当たり屋」にご注意 | トップページ | <短期集中連載>麻生副総理と地元町長との癒着疑惑(1)「異常とも思える厚待遇で『スーパー麻生』を誘致」 »