« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(475)「グローバルアジアホールディングス」が第三者破産を申し立てられた真相 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(476)「般若の会」強制調査で思うこと »

2015.04.14

みずほ銀行元幹部詐欺事件ーー「被害者の会」代表は本当に被害者なのか!?(2)及川容疑者からの1億2400万円「資金運用依頼書」も

 本紙はこの連載(1)で、みずほ銀行元審査役・及川幹雄容疑者に3000万円を騙し取られたとして、「みずほ銀行被害者の会」代表になっている、「ミリオントラスト」(東京都江東区)という街金の代表・佐藤昇氏が、実は被害に会ったというより1年近く前、その及川容疑者から1億4000万円もの融資を受けていた疑惑をスッパ抜いた。
 補足すると、その連載(1)の有料記事部分に転載しているその証拠の「合意書」で黒塗りにしている部分があるが、そこにはある人物の名前が記されている。その人物は、中国地方のある指定暴力団トップと親しい女性で、当然ながら、この融資にはその指定暴力団トップも関係している。
 それだけでも驚きだが、複数の関係者によれば、この1億4000万円の融資には山口組系有力団体の幹部だったF氏やY氏も関与しているという。そして、その融資のなかには、及川容疑者の詐欺行為を嗅ぎ付け反社のH氏、D氏などが及川容疑者を脅していたことに対し「毒を持って毒を制する」対策費代なども含まれていたという。
 こうした複数の反社の関わる融資の仲介役に佐藤氏がいたというだけでも驚きだが、あろうことか、佐藤氏はこれら反社を手玉に取りこの融資を独り占めした疑惑まで出ている。
(*冒頭写真の解説は以下に。1億4000万円とは別、1億2400万円の『資金運用依頼書』は以下に転載)
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(475)「グローバルアジアホールディングス」が第三者破産を申し立てられた真相 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(476)「般若の会」強制調査で思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61436467

この記事へのトラックバック一覧です: みずほ銀行元幹部詐欺事件ーー「被害者の会」代表は本当に被害者なのか!?(2)及川容疑者からの1億2400万円「資金運用依頼書」も :

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(475)「グローバルアジアホールディングス」が第三者破産を申し立てられた真相 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(476)「般若の会」強制調査で思うこと »