« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(468)「グローバルアジアホールディングス」に関する気になる情報 | トップページ | 本紙指摘通り2度目の強制調査ーー当局を激怒させた「グローバルアジアホールディングス」の第三者委員会報告書 »

2015.03.18

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(469)「エービーシー・マート」三木オーナー、あの事件の真相

 靴小売専門店「ABCマート」を全国展開。いまや業界№1の売上げを誇り、業績も株価も絶好調の「エービーシー・マート」(2670。東証1部。東京都渋谷区)。
 同社は1985年アパレルと靴の輸入販売でスタート。その後、95年に英国ブーツ「HAWKINS」の商標権を取得し靴専門に。02年に東証1部に上場すると卸部門を廃止して小売りに徹し、急速に店舗を拡大し、現在、韓国、中国などの海外店舗の売上げも大きい。
 SPA方式(商品企画から販売までの一括管理)なのはユニクロと同じ。したがって、靴小売業としては利益率が20%以上と異例の高さを誇る。
 その創業者で、親族やファミリー企業で同社株の過半数以上を握る三木正浩氏(59)は、いまやアメリカの経済紙『フォーブス』によれば23億ドルで日本の資産家10位にランクされてる。
 その三木氏が07年、たいへん世の注目を浴びたことがあった。その時のことだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(468)「グローバルアジアホールディングス」に関する気になる情報 | トップページ | 本紙指摘通り2度目の強制調査ーー当局を激怒させた「グローバルアジアホールディングス」の第三者委員会報告書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61298366

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(469)「エービーシー・マート」三木オーナー、あの事件の真相:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(468)「グローバルアジアホールディングス」に関する気になる情報 | トップページ | 本紙指摘通り2度目の強制調査ーー当局を激怒させた「グローバルアジアホールディングス」の第三者委員会報告書 »