« 「新華ホールディングス・リミテッド」をTOBするあの疑惑人物 | トップページ | 国税、警察人脈も奏功せず(リスト掲載) !?  あのパチンコ業界フィクサー関連会社が200億円の所得隠し »

2015.03.05

本紙追及の「ウソ」性病診断医師――東京地裁、「故意に虚偽診断して不必要な医療行為を行った」と賠償命令

 本紙が13年5月に第一報を出して以降も、計4回続報して来た疑惑医師につき、3月4日(水)、東京地裁で判決があり、森冨義明裁判長は、「新宿セントラルクリニック」(東京都新宿区)の林道也医師に対し、「故意に虚偽診断して不必要な医療行為を行った」として、診療費及び通院交通費に係る損害額5万円、慰謝料20万円の計25万円の支払いを命じた。なお、これは仮執行付き。
 本紙既報のように、クラミジア感染症の抗体検査の陽性基準は0・9以上で、患者原告はそれ以下だったにも拘わらず、その基準値を書いた検査報告書ではなく、0・00以外はすべて陽性とした病院独自の用紙を渡し、クラミジアに罹っていると虚偽の診断結果を告げ、3カ月に渡り通院させ、無駄な薬を処方していた(同クリニックは医薬分業しておらず、薬を出すほど儲かる)。
 セカンドオピニオンで騙されていると知った患者は昨年3月、約207万円の損賠賠償を求めて提訴していた。(横写真=「判決文」)
 同様の林医師を相手取った民事訴訟は、少なくとも2件起こされている(その2件はまだ判決は出ていない)。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「新華ホールディングス・リミテッド」をTOBするあの疑惑人物 | トップページ | 国税、警察人脈も奏功せず(リスト掲載) !?  あのパチンコ業界フィクサー関連会社が200億円の所得隠し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61235760

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙追及の「ウソ」性病診断医師――東京地裁、「故意に虚偽診断して不必要な医療行為を行った」と賠償命令 :

« 「新華ホールディングス・リミテッド」をTOBするあの疑惑人物 | トップページ | 国税、警察人脈も奏功せず(リスト掲載) !?  あのパチンコ業界フィクサー関連会社が200億円の所得隠し »