« 本紙指摘通り2度目の強制調査ーー当局を激怒させた「グローバルアジアホールディングス」の第三者委員会報告書 | トップページ | 斉藤誠弁護士に見るーー「第三者委員会」メンバーも、「第三者委員会報告書格付け委員会」メンバーも有名無実 »

2015.03.19

裏で天下り警官が根回し!? あの芸能人恐喝事件の真相

 昨年4月、芸能関係の下半身スキャンダル絡みなどでよく名前の出る下谷地卓也氏が恐喝容疑で逮捕されたのは本紙でも既報の通り。
 その後、不起訴になったとは聞いていたが、逮捕時と違って関連報道はまったくなく詳細は不明だった。
 その下谷地氏の逮捕の真相につき、「警察OBが深く関与し作られた事件とのこと。本人の話を聞いてやってくれ」と本紙・山岡に話があったのは昨年10月。しかし、結局取材は実現しなかった。
 ところが、つい先日、関係者が接触して来て、これが真相と主張したので以下、報告しておく。
 その言い分によれば、あの恐喝事件の本当の狙いは、噂になっていた小泉麻耶と男性との問題映像の押収にあったというのだ。
 その関係者を仮にA氏としておく。
A「あの逮捕容疑は恐喝ではない。警察はそもそも自宅に下谷地氏を逮捕するために来たのではない。逮捕状は持っておらず、ガサ入れに来た。その際のトラブルで、下谷地氏は公務執行妨害で逮捕され連行されたのが真相です」
ーーしかし、報道では恐喝容疑だったはず。当時、下谷地氏がやっていた芸能事務所に在籍していた女性から「カネを出さないなら、この業界で生きていけないようにしてやる!」などといって100万円を脅しとった容疑では。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 本紙指摘通り2度目の強制調査ーー当局を激怒させた「グローバルアジアホールディングス」の第三者委員会報告書 | トップページ | 斉藤誠弁護士に見るーー「第三者委員会」メンバーも、「第三者委員会報告書格付け委員会」メンバーも有名無実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61305667

この記事へのトラックバック一覧です: 裏で天下り警官が根回し!? あの芸能人恐喝事件の真相 :

« 本紙指摘通り2度目の強制調査ーー当局を激怒させた「グローバルアジアホールディングス」の第三者委員会報告書 | トップページ | 斉藤誠弁護士に見るーー「第三者委員会」メンバーも、「第三者委員会報告書格付け委員会」メンバーも有名無実 »