« <ミニ情報>一審賠償命令受けーー撤去される問題クリニックの広告看板 | トップページ | 本紙に右翼団体から予告電話ーー鳩山元首相のクリミア訪問“仕掛け人”に“制裁”!? »

2015.03.13

「グローバルアジアホールディングス」についての第三者委員会報告に重大疑義

「グローバルアジアホールディングス」(3587。JQ。東京都港区。旧プリンシバル・コーポレーション)が1月27日、第三者委員会の報告書をIRしたのは本紙でも既報の通り。
 そして同社はこれを受け、3月4日には再発防止策をIR。役職員一丸となって信頼回復に努めるとしている。
 また、3月4日には約1億円の資金調達のための第三者割当増資をIR(払込期日は3月25日。希薄率は4・3%)。引受手は、宝飾品販売「ロゼッタホールディングス」(東京都中央区)。同社社長はつい最近、昨年7月に2度目の民再申請した「じゅわいよ・くちゅーるマキ」などを運営する「三貴」の社長にも就任している。
 こうして資金調達も行い、再生を目指そうとしている姿勢自体を否定するつもりはない。
 しかし、信頼回復に努める元になる第三者委員会報告が極めて不正確、それも実際はグローバルアジアの現役員も事実関係を把握しながら、借金について無いと言い張り、実質、借金踏み倒しを容認する内容なら、信頼回復など土台出来るわけもないだろう。
 ところが、そのような重大な疑義がこの報告書にあることが、ある貸し手の本紙に対する告白などから明らかになった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <ミニ情報>一審賠償命令受けーー撤去される問題クリニックの広告看板 | トップページ | 本紙に右翼団体から予告電話ーー鳩山元首相のクリミア訪問“仕掛け人”に“制裁”!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61272431

この記事へのトラックバック一覧です: 「グローバルアジアホールディングス」についての第三者委員会報告に重大疑義 :

« <ミニ情報>一審賠償命令受けーー撤去される問題クリニックの広告看板 | トップページ | 本紙に右翼団体から予告電話ーー鳩山元首相のクリミア訪問“仕掛け人”に“制裁”!? »