« 「ディオバン」事件の処分はどうなるーーこれが厚労省とノバルティス癒着の象徴的写真 | トップページ | 「グローバルアジアホールディングス」についての第三者委員会報告に重大疑義 »

2015.03.12

<ミニ情報>一審賠償命令受けーー撤去される問題クリニックの広告看板

 本紙が追及している「新宿セントラルクリニック」(東京都新宿区)経営の林道也院長に対し、3月4日、東京地裁が「故意に虚偽診断して不必要な医療行為を行った」として、慰謝料も含めた25万円の支払いを命じたのは本紙でも既報の通り。
 いくら一審判決とはいえ、「虚偽診断」と裁判所が断じたことは重いからだろう。同クリニックは、クリニック近くの新宿駅ないし新宿3丁目駅周辺の地下道など5、6箇所に広告看板を出しているが、近く姿を消すようだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「ディオバン」事件の処分はどうなるーーこれが厚労省とノバルティス癒着の象徴的写真 | トップページ | 「グローバルアジアホールディングス」についての第三者委員会報告に重大疑義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61267502

この記事へのトラックバック一覧です: <ミニ情報>一審賠償命令受けーー撤去される問題クリニックの広告看板 :

« 「ディオバン」事件の処分はどうなるーーこれが厚労省とノバルティス癒着の象徴的写真 | トップページ | 「グローバルアジアホールディングス」についての第三者委員会報告に重大疑義 »