« 首都圏ローカルTV局役員にセクハラなどの疑惑 | トップページ | 「May J.」楽曲パクリ疑惑――エイベックス側が音楽事務所社長に街宣禁止の仮処分申立 »

2015.02.03

後藤健二さんら殺害を契機に、右翼団体関係者らが「イスラム過激派壊滅國士会」結成へ

 イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)によりジャーナリスト・後藤健二さんらが殺害されたことを受け、全国の政治結社、右翼団体関係者らが大同団結し、逆にISの勢力が及ぶヨルダンなどに乗り込み、一朝事ある時は、武装して反撃することも厭わないという。
 すでに「イスラム過激派壊滅國士会」と仮組織名は決まり、今月中にメンバーを募り、出来るだけ早い時期の出国を目指す。メンバー数は数千人規模を見込んでいるという。
 その中心メンバーは、こう述べる。
「すでに内閣法制局には連絡を入れています。いろいろ理屈をこねて自重を促すようなことをいってましたが、もう我慢できません。あの映像を見ました? 骨さえ返してくれないでしょう。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 首都圏ローカルTV局役員にセクハラなどの疑惑 | トップページ | 「May J.」楽曲パクリ疑惑――エイベックス側が音楽事務所社長に街宣禁止の仮処分申立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61080130

この記事へのトラックバック一覧です: 後藤健二さんら殺害を契機に、右翼団体関係者らが「イスラム過激派壊滅國士会」結成へ :

« 首都圏ローカルTV局役員にセクハラなどの疑惑 | トップページ | 「May J.」楽曲パクリ疑惑――エイベックス側が音楽事務所社長に街宣禁止の仮処分申立 »