« 「安倍首相地元で婦女暴行事件ーー犯人・安倍後援者、傍観・安倍派市議のその後」 | トップページ | 本紙追及の公共工事に絡む暴力団への“利益供与”にお咎めなしーーあの門真市・園部市長に公選法違反の可能性 »

2015.02.20

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(463)「東理株価急騰の怪」

 1株60円台前半と、長らく低迷していた「東理ホールディングス」(5856。東証2部)の株価が、2月12日の決算修正と自社株買いの同社IRを機に、本日高値103円と急騰している。
 もっとも、同社株の出来高はすでに2月9日から増え、株価も上がり出していたことから、事前に今回のIRの内容が漏れていた可能性も否定できないだろう。
 それはさておき、昨年9月末現在の同社筆頭株主は同社社長の福村康廣氏で約29・1%。以下「エス・サイエンス」(5721。東証1部)の14・7%(ただし、エス・サイエンスの筆頭株主は東理で約14・7%)、福村氏の妻の3・64%、福井利彦氏の1・79%と続く。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「安倍首相地元で婦女暴行事件ーー犯人・安倍後援者、傍観・安倍派市議のその後」 | トップページ | 本紙追及の公共工事に絡む暴力団への“利益供与”にお咎めなしーーあの門真市・園部市長に公選法違反の可能性 »