« ネガティブキャンペーン? 翁長雄志沖縄県知事と某ゼネコン+反社大物との金銭疑惑 | トップページ | 今度は殺人事件関与で実刑!? の過去ーー自民党国会議員の公設秘書重大疑惑 »

2015.02.15

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(462)「最新の株解体手口」

 増資が本業? の“危ない”上場企業は、株券を発行し続けなければ資金ショートしていまう。
 しかし、株価は超低位、しかも継続疑義の会社も。普通の投資家は引き受けない。
 結局引き受けるのは、それなりの胡散臭い投資家やファンドだ。しかし、彼らは一般投資家以上にシビアだ。彼らの解体手口の最新の一例を取り上げたい。
 A社株価50円、第3者割当価格20円 発行株数100万株。そして、引き受けた投資家をB氏とする。
 B氏は株券を受け取ったら、街金C(今ではモグリ)へ持っていく。しかし、今は保管振り替え制度で株券はない。そこでB氏と街金Cとの間に名目上の金銭借用書を作成する。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« ネガティブキャンペーン? 翁長雄志沖縄県知事と某ゼネコン+反社大物との金銭疑惑 | トップページ | 今度は殺人事件関与で実刑!? の過去ーー自民党国会議員の公設秘書重大疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61141919

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(462)「最新の株解体手口」 :

« ネガティブキャンペーン? 翁長雄志沖縄県知事と某ゼネコン+反社大物との金銭疑惑 | トップページ | 今度は殺人事件関与で実刑!? の過去ーー自民党国会議員の公設秘書重大疑惑 »