« 明日発売の『週刊大衆』ーー対イスラム国、日本人“民兵組織”「国防団結同士会」リーダーらへのインタビュー記事掲載 | トップページ | 経産省脱原発テント――東京地裁が「撤去と土地使用料」求める判決 »

2015.02.24

あの新宿歌舞伎町44名焼死ビル跡地に、ようやく本格施設建設!?

 44名もが死亡した東京都新宿歌舞伎町の雑居ビル火災からすでに13年半余りーーしかし、未だ同ビル跡地には本格的ビルが建つことはなく、ようやく利用を始めた店もフレハブ状の「的屋」→「韓国居酒屋」という状況であることは本紙既報の通り。
 ところが、その跡地にいよいよ本格的なビルが建ち、サウナ施設がオープンするとの情報が本紙に寄せられた。
 そこで調べてみたのだが、同跡地ではいまも韓国居酒屋が営業中。
 ただし、その居酒屋の裏、つまり面する通りは異なるが、地続きの裏手に、今年11月末を目処に12階建て鉄筋コンクリートビルが建設中ということで、その土地登記簿を上げてみたが、こちらは「セント・グランデ」→「アトリウム」などを経て一昨年12月にタクシー事業最大手「第一交通産業」(9035。福岡。本社・北九州市)が所有・建設しているもので、44名焼死ビル跡地所有者とは別だった。
 では、この情報はまったくのデマだったかといえばそうではない。
 同じ歌舞伎町1丁目の「エコナックホールディングス」(3521。東証1部。東京都港区)所有土地にビルを建設中だったからだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 明日発売の『週刊大衆』ーー対イスラム国、日本人“民兵組織”「国防団結同士会」リーダーらへのインタビュー記事掲載 | トップページ | 経産省脱原発テント――東京地裁が「撤去と土地使用料」求める判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61189842

この記事へのトラックバック一覧です: あの新宿歌舞伎町44名焼死ビル跡地に、ようやく本格施設建設!? :

« 明日発売の『週刊大衆』ーー対イスラム国、日本人“民兵組織”「国防団結同士会」リーダーらへのインタビュー記事掲載 | トップページ | 経産省脱原発テント――東京地裁が「撤去と土地使用料」求める判決 »