« 第4回口頭弁論ーー「秘密保護法違憲訴訟」、フリー記者の具体的不利益 | トップページ | 「神の水」購入ーー安倍首相、“教祖”の死去後も繋がっていた「慧光塾」人脈 »

2015.01.19

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(457)巨額新株予約権発行払込完了した「多摩川ホールディングス」株価に注目

 1月16日、「多摩川ホールディングス」(6838。JQ。東京都港区)は新株予約権発行に係る払い込みが本日完了したとIRした。
 同社は昨年12月16日、すべて権利行使すれば総額約22億円にもなる第3割割当新株予約権を発行すると(行使価格は1株218円。本日終値は225円)IRしていた。
 同社は持ち株会社で、そもそもは携帯電話など無線機器や計測器製造・販売の子会社・多摩川電子が主力。
 しかし近年、太陽光発電などエネルギー事業も開始。今回の権利行使で得た資金はその太陽光発電、それに新たに地熱発電所事業にも本格的に取り組むとし、これらエネルギー事業のために使うという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 第4回口頭弁論ーー「秘密保護法違憲訴訟」、フリー記者の具体的不利益 | トップページ | 「神の水」購入ーー安倍首相、“教祖”の死去後も繋がっていた「慧光塾」人脈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/61001297

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(457)巨額新株予約権発行払込完了した「多摩川ホールディングス」株価に注目 :

« 第4回口頭弁論ーー「秘密保護法違憲訴訟」、フリー記者の具体的不利益 | トップページ | 「神の水」購入ーー安倍首相、“教祖”の死去後も繋がっていた「慧光塾」人脈 »