« 安倍首相が名誉会長――安全保障・危機管理学会に関する重大疑惑(2) | トップページ | カジノ利権説もーー「セガサミー」会長宅発砲事件 »

2015.01.14

やっと公開された「ユニバーサルエンターテインメント」に関する第二次第三者委員会「中間報告書」の不可解

 昨年12月29日、パチスロ大手「ユニバーサルエンターテインメント」(旧アルゼ。6425。JQ。東京都江東区。岡田和生会長)はようやく、計3000万ドルの社外流出に関する第二次第三者委員会「中間報告書」を同社HP上で開示した。
 本紙既報のように、この中間報告書はすでに昨年3月には出ていた。ところが、開示が前提なのにいつまで経ってもその内容を明らかにしないことから、同委員会が活動を停止。そのため、本紙はその内容にユニバーサル側にとって不都合なことが記されているのではないかとの見方を報じていた。
 ところが、その内容を見てみると、結論をいえば、社外流出の責任をユニバーサルの元社員H氏に押し付けるものだった。
「H氏がソリアーノ氏と通謀して、あるいは、自らの判断で経営陣を欺網した可能性は否定できない」「H氏は、本件資金流出に関して自ら積極的な関与を行っていたのではないかという疑問を抱かざるを得ない」(報告書の24頁より抜粋)
 ユニバーサル側は、この間、この内容を開示しなかった理由として、この社外流出の件で東京地検に告発しており、要するに捜査の妨害にならない配慮からだったが、しかし、H氏も含め不起訴処分になったので今回、やっと内容を開示したという。
 だが、この言い分は不可解といわざるを得ない。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 安倍首相が名誉会長――安全保障・危機管理学会に関する重大疑惑(2) | トップページ | カジノ利権説もーー「セガサミー」会長宅発砲事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60970841

この記事へのトラックバック一覧です: やっと公開された「ユニバーサルエンターテインメント」に関する第二次第三者委員会「中間報告書」の不可解 :

« 安倍首相が名誉会長――安全保障・危機管理学会に関する重大疑惑(2) | トップページ | カジノ利権説もーー「セガサミー」会長宅発砲事件 »