« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »

2014.12.20

TGC出演だけじゃないーー乱立するミスコンでも強要!?

 本紙でも既報のように、国内最大のファッションショー「東京ガールズコレクション」(TGC)に出してやるといって若い女性の肉体を貪った疑惑が浮上しているが、むろん、これは氷山の一角に過ぎない。
 実は最近、乱立気味のミスコンでも同様のケースが多数起きているようだ。複数の関係者が証言してくれたので報告しておく。
 一口にミスコンといっても、大々的な世界や日本ミスコンテストから、大学学園祭のミスコンまで様々。今回、告発があったのはテレビ局や出版社が企画するミスコンだ。代表的なものとしては「日テレジェニック」「ミスヤングチャンピョン」「TSUTAYAプリンセス」「ミスFLASH」「ミス東スポ」などだが、その他にも中小零細のものが乱立しているという。
 こうしたミスコンはおよそ書類選考→面接(+カメラテスト)を経て数十名に絞り込み、撮影会、ネット生放送、それにハガキやブログなどのファン投票を総合して選ばれる。
 ファン投票の多い者が優勝とされるから、一見、コネでどうにかならないように思えるが、大手でさえ決してそんなことはないという。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.18

紅白出場決定ーー元音楽関連会社社長の“May J.は楽曲パクリ”の「街宣」内容

 本紙は12月10日、<芸能ミニ情報>で、NHK紅白出場が決まったMay J.(本名・橋本芽生。26)の楽曲パクリ疑惑を取り上げたところ、早速、「エイベックス・グループ・ホールディングス」(7860。東証1部)などの代理人弁護士から、記事は虚偽だから削除、謝罪しないと提訴するとの「通知書」が届いた。
 だが、楽曲をパクられたとして、その当事者なる者が、エイベックス本社前で現在、街宣を行っているのは紛れもない事実であり、本紙は大手マスコミがいろんな絡みから黙殺するなか、その事実を伝えているに過ぎない。
 その当事者とは、「サウンド・フューチャー」(東京都墨田区)の加藤豊社長。
 パクリの事実を指摘したら、実質、業界追放のお達しが流れ、会社を潰されたという。
 その加藤氏が街宣している内容は、以下の通り。

 本日は、「ありのままで」を歌唱し一躍時の人となりました、エイベックス・エンタテインメント所属アーティスト「MayJ.」さんについて進言させていただきます。
 メイジェイさんは渋谷区神宮前所在するタレントプロダクション、(株)NWPに所属するアーティストです。
 このNWPより、24年初夏に当方に対し作曲依頼があり、また当方はこれを受託いたしました。
 メイジェイさんに作曲することにいたしました。
 平成24年12月5日、エイベックス・エンタテイメント「リズムゾーン」から発売された「ブレーブ」というアルバムです。
 この「ブレーブ」の9曲目に、当方が楽曲提供した「MY BASS」という楽曲が収録されています。
 しかしこのアルバムのキャッチコピーが、全曲本人作詞によるセルフプロデュースとの謳い文句が記載されていますが、真実なのでしょうか?
 偽りが有るのではないでしょうか?
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(456)あの「日本通信」を仕掛けた筋の次の銘柄!?

 ドコモ等通信事業者の通信網を借りて各種通信サービスを提供している「日本通信」(9424。JQ。東京都港区)といえば、今年7月7日、1268円を付け、1月の安値から実に約14倍になった。
 株式100分割(今年4月)に、格安なSIM・スマホの人気、SIMロック解除義務化などが要因とされるが、それだけでなく、そうした要因を背景に仕掛けた筋があったともいわれる。
 現在の株価は600円前後と、年初来最高値の約半値だ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<お知らせ>対「週刊報道サイト」記事削除等申立第2回審尋報告

「東京アウトローズ」(代表・奥村順一こと本名・中川一政氏)と並行し、本紙アクセスジャーナル並びに山岡俊介を誹謗中傷し続ける「週刊報道サイト」(代表・佐藤昇氏)--この週刊報道サイトに対し、仮に記事を削除することを求めた申し立ての第2回審尋は既報通り、12月12日(金)午前10時からあった。
 次回審尋は12月22日(月)午後4時から。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.15

<ミニ情報>モデル女性ら恐喝未遂事件ーー「右翼大物」もすでに釈放に

 強姦未遂事件の被害者のはずが、一転して恐喝犯にされかけたことから本紙が徹底追及しているこの件、モデル女性に遅れて逮捕された「右翼大物」ともいわれる滑川裕二氏(63)も事件性無しということで、すでに不起訴、そして釈放になっていたことがわかった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(455)石山ゲートウェイとエナリス

 金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで証券取引等監視委員会の強制調査を受けたことを契機に「第三者調査委員会」を設置。その「報告書」を12月12日にIRした「石山Gateway Holdings」(7708。JQ。三木隆一社長。東京都港区)。
 一方は「東京アウトローズ」(奥村順一氏こと、本名・中川一政氏。56)の指摘を受けるなどし、石山ゲートと同疑義について「第三者調査委員会」を設置。本日、その「報告書」をIRした電力需要家向けコンサル「エナリス」(6079。マザーズ。東京都千代田区)ーー。
 この石山ゲートとエナリス、共にバイオディーゼル発電関係で取引先が重なり、また訴訟合戦となったことから、共にその行方が注目されていたが、その結果には大きな差が出ることが明らかになって来た、
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月7日 - 2014年12月13日 | トップページ | 2014年12月21日 - 2014年12月27日 »