« 2014年10月12日 - 2014年10月18日 | トップページ | 2014年10月26日 - 2014年11月1日 »

2014.10.25

萩生田光一・後援不動産会社一族は疑惑のデパート

 萩生田光一・自民党副幹事長(51。町村派。当選3回)といえば、例の慰安婦問題で「河野談話」につき、テレビ報道番組で見直しの可能性に言及し、菅義偉官房長官に「個人的見解」といわれ注目を集めるなど、安倍晋三首相の本音に近く、安倍側近といわれる。
 その萩生田代議士の生まれは東京都八王子市。八王子市議(3期)、都議(1期。選挙区は八王子市)を経て代議士になっており、八王子市は代議士の選挙区でもある。
 その八王子のトップクラスの不動産会社一族間で、遺産相続を巡って内紛が勃発。次々と疑惑が飛び出している。
 内紛の契機は今年1月、この不動産会社会長で、八王子商工会議所副会頭、会頭を計16年勤めた御仁が亡くなったこと。
 その葬儀副委員長を務めたのが萩生田氏。
 また、親戚代表は黒須隆一前八王子市長。黒須氏はこの不動産会社一族と結婚している関係から。そして、その黒須氏が都議時代に萩生田氏は秘書を務めていた。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<芸能ミニ情報>第20回 TGC出演をエサにモデル希望者の肉体をもてあそんだ悪オヤジたち

 先月、さいたまスーパーアリーナで、香里奈、ローラも登場し、第19回目を開催。矢沢永吉も特別出演。人気を博した東京ガールズコレクション(TGC)--わが国を代表する人気ファッションショーだけに、TGCに出演することが夢というモデルの卵は数多い。
 それにかこつけ、TGCに出演させてやるといって、さんざん肉体をもてあそんだ挙句、出演できなかった女性に関する告発情報が本紙に届いた。
 すでに被害女性の両親も知るところになり、当然ながら大激怒。近く刑事事件化する可能性もある。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.24

みのもんた・2H報道番組大抜擢!? 某テレビ局内良識派からも非難の声も

 本日夕方、都内のホテルで古希祝パーティを開催。代表発起人に「バーニングプロダクション」の周防郁雄社長も名を連ねているということで、例の暴力団「松浦組」(神戸市)系の政治結社が街宣車を連ねて押しかけるとの情報もあり、当局も警戒態勢ともいわれるみのもんた(70)。
 情報にいま一つ不確かなところもあるが、パーティ前にはみのの“完全復帰”記者会見があるとも。
「すでに一部仕事は行っており、実質、復帰しています。が、全国キー局の看板番組に復帰するとなると、正式な復帰記者会見をしておくことが筋道というか、そうしてないといろいろ批判される。そのアリバイ作りの会見では」(事情通)
 では、その2時間番組が検討されている局とはどこなのか?
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

赤坂ビル発砲事件で犯人逮捕ーー動機は日大・田中理事長“懐刀”金銭トラブル説も

 警視庁組織犯罪対策4課は10月20日、昨年10月、赤坂のビルで起きた発砲事件に関する銃刀法違反(発射)容疑などで、指定暴力団「住吉会」系の窪岡誠二組員(54)を逮捕したのは大手マスコミ既報の通り。窪岡容疑は否認。ビル付近の防犯カメラの映像などから窪岡容疑者が浮上したという。
 この発砲事件については、発生時、本紙でも報じている。
 このビルは「アイビー化粧品」(4918。JQ)の本社ビルだが、同ビルには裏社会にも通じるA氏の会社が入居していたことから、本紙はこのA氏とのトラブル関連の見方を紹介している。
 ところが、ここに来て、何といま、国税が入っているということもあり、大手マスコミも注目している日本大学の田中英寿(JOC副会長でもある)理事長の“懐刀”といわれる人物と関係する会社も入居しており、そことの金銭トラブル説が浮上して来た。
 いったい、どういうことなのか?
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.23

「上場企業大株主にもーー有名飲食店FC社長のレイプ未遂疑惑」本紙記事ーー仮処分申立最終審尋報告

 既報のように、本紙は9月22日、「上場企業大株主にもーー有名飲食店FC社長のレイプ未遂疑惑」なる記事を報じたところ、その有名飲食店FCのK社長は、強姦未遂行為などまったくしていないとして、その記事を仮に(緊急に)取り消すことを求め、東京地裁に仮処分命令申立をやって来た。
 10月6日の第1回目、14日の第2回目に続き、22日に最終(第3回目)の審尋があったので報告しておく。
 なお、この3回目も代理人の「ITJ法律事務所」(東京都港区)の2人の弁護士だけでなく、K社長自らわざわざ地裁にやって来た。その前にK社長の弁護士にファックスした、こちらの「主張書面」には、「わざわざK社長自ら裁判所に来て本紙・山岡と目さえ合わせないどころか、裁判官に自ら主張しないのは不可解。自分がやましいからで、強姦未遂をやったと本紙が確信する証拠の一つ」とまで書かれてもいるのに、この最後の審尋の場でも、K社長は山岡と視線を合わせないどころか、裁判官にも何ら主張することもなかった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊次服役囚へ、塩田大介に対する傷害で検察求刑

 昨日、本紙がウォッチを続けている、水源地詐欺の主犯で現在、服役中(懲役10年)の菊次達朗による、塩田大介(競売妨害事件で服役中、同1年4月)に対する傷害事件(平成26年刑わ第648号)の公判が東京地裁で午前10時からあった。
 もっとも、すでにほとんど審理が終わっていることから、傍聴席は塩田の親族を中心に10数名程度だった。
 この日は、この件では被害者の塩田も出廷し意見陳述を行った。また、検察官の論告求刑と菊次被告の弁護人の弁論があり、午前11時10分には終了。これで結審した。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり日大・田中理事長告発絡みかーー脅迫を受けていた追及出版社

 任侠系右翼団体の新聞社「敬天新聞社」(埼玉県戸田市)の関係者が9月30日夜、新聞社近くの路上で2人組に金属バットで襲われたのは一部マスコミ既報の通り。
 被害者は襲撃当日、日本大学の田中英寿理事長(=冒頭写真。JOC副会長もである)を取材。また、同新聞社はこれまでに発行媒体「敬天新聞」で160回近い関連記事を掲載していたことなどから、日大不正追及と関係があると見ているようだ。
 10月9日には被害届けが受理されている。
 こうしたなか、本紙はやはり日大・田中理事長の不正を追及していた某出版社にもほぼ同時期、脅しがあったことを確認した。こちらは電話によるものだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.22

「グローバルアジアホールディングス」(旧プリンシバル)、3億円借り入れ疑惑の闇(3)

「グローバルアジアホールディングス」(3587。JQ。東京都港区。旧プリンシバル・コーポレーション)に関しては、消えた資金を巡っていよいよ事件化の様相だ。
 10月7日、同社は消えたとされる約2億1000万円に関しての社内調査委員会の調査報告書の要約をIR。それによれば、内1億9000万円以上が会社の支出金として認められず、今後、刑事告訴も検討することを明らかにしたからだ。
 また、さらなる踏み込んだ調査などのために第三者調査委員会の設置を検討することも表明。本紙指摘通りの動きになっている。
 もっとも、本紙指摘のように、同社を巡る金銭疑惑はこの約2億1000万円に止まらない。他にも3億円ある。
 本紙は独自取材により、これまでの2回の連載で、1回目は3億円借り入れの内容、2回目にはグローバルアジア側の見解を報じた。
 そのグローバル側の見解は、本紙の取材では消えた2億1000万円をほとんど使い込んだと見られる同一人物が、3億円に関しても持って行って真相はわからないというものだった。
 ところが、その後の追加取材で現経営陣も深く関与しているとの重大証言が出て来た。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.20

「悪質な灯油の巡回販売業者にご注意!」

 いよいよ冷え込みが本格化して来た。
 それに併せ、暖房用に灯油を購入する家庭は一挙に出て来る季節ーー。
 その際、灯油の巡回販売業者から購入するケースは多い。
 以前はお米屋さんなどで灯油を配達してもらうのが一般的だったが、90年代から灯油のミニタンクローリー車が廃品回収業者のようにマイクで呼びかけ、住宅街を巡回するように。毎年11月から始めるところが多いようで、玄関先にポリタンクを置いておけば不在でも入れておいてくれるサービスも。
 巡回業者のマイクがうるさいとの声もあるが、最寄りのガソリンスタンドなどまで重いポリタンクを持って行くのは大人の男性でも大変。特にお年寄りにはひじょうに重宝されているようだ。
 ところが、その巡回販売業者のなかには不正を行っているケースが多くあるとの告発があった。告発してくれたのは、大手石油会社の子会社で最近まで、実際に灯油の巡回販売の仕事をしていた当事者。
 会社も気づいてはいても、知らないふりをしているという。
 以下、その不正の手口を解説してもらった。
 くれぐれも騙されないように、ご注意を。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<記事紹介>本紙・山岡もコメントーー「元朝日2記者への止まらぬ攻撃」(『毎日』10月20日)

 本日の「毎日」朝刊が「オピニオン メディア」欄で、例の慰安婦問題の報道に携わった朝日新聞の2人の元記者に対し、勤務先の大学に脅迫文が届いたり、ネット上に自宅の電話番号を載せられ、また元記者の長女の顔写真がさらされるなどして、嫌がらせの電話がかかったり、「売国奴の娘」などと中傷されている問題を取り上げている。
 本紙・山岡もコメントを求められたので、紹介しておく。
 それにしても、匿名で誹謗中傷するこのやり方は卑劣としかいいようがない。論外だ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月12日 - 2014年10月18日 | トップページ | 2014年10月26日 - 2014年11月1日 »