« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »

2014.04.26

住吉会会長が交代に(続)

 4月22日発売の『アサ芸』が報じたように、本紙の「住吉会会長が交代に」のミニ情報は正確だったわけだ。改めて詳細を記すと、4月18日の住吉会の月例幹部会で、福田晴瞭会長が会長職を退き、関功会長代行が代わって会長職に就くという人事異動が報告された。もっとも、福田氏は会長職を降りただけで、住吉一家七代目総長には留まっており、トップの座が完全に関氏に移ったわけではない。前の会長・西口茂男氏も、福田氏にまず会長職を譲り(98年)、05年になって住吉一家を継がせ、これにより名実ともに福田氏がトップとなったとしており(ただし当局は、いまも住吉会総裁の西口氏をトップと見做している)、片方だけの交代が今回初めてというわけでは決してない。しかし、本紙の元にはこんな情報も届いている。
2014年4月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.25

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(434)「太陽商会」に強制調査、上場廃止へ

 大手マスコミ既報のように、4月23日朝、証券取引等監視委員会は金融商品取引法違反(偽計)の疑いで「太陽商会」(2447。セントレックス。東京都渋谷区。3月末まで「Now Loading」の社名)の本社などに強制調査に入った。証券取引等監視員会は4月22日、太陽商会に対し、有価証券報告書等の虚偽記載で1200万円の課徴金納付命令を勧告。通常、課徴金勧告すれば、刑事告発に向けた強制調査はされないが、同社については度重なる粉飾決算、株価操作疑惑があり、極めて悪質と判断した結果のようだ。
2014年4月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.24

<芸能ミニ情報>第8回 追加報道されない「ジャニーズ」タレント傷害、強姦は世界の非常識

『週刊文春』が4月10日号では、大手芸能プロ「ジャニーズ事務所」のタレント(20)が追っかけファンの顔面を殴り、眼窩底骨折で1カ月近くも入院する大怪我を負わせたこと、さらにいま発売中の5月1日号では、別のタレント(20)が強姦していた件を報じている。ところが、ジャニーズ事務所は多くの有名タレントを抱えていることもあってだろう、これだけの大不祥事にも拘わらず、他の大手マスコミは一切追加報道していない。さらに傷害事件の方では、ジャニーズ事務所に天下っている警視庁OBが対応し、傷害を負わせたのはオフの時間でのことだから事務所には責任はない、それどころか、しつこく追っかける被害者の方が問題といわんばかりの発言をしていたのだからなおさら驚かされるというより、もはや呆れる他ない。芸能界関係者に倫理観を求めるのは野暮かも知れないが、それにしても余りに度を越していないか!?
2014年4月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.04.23

カード不正使用で逮捕された福岡筑後リサイクル業者の驚くべき過去(Ⅱ)

 現状、約53万円の窃盗事件に過ぎないが、実際は7人が犠牲になった犯罪史上に残る殺人事件(北九州連続監禁殺人事件。犯行は96~98年)をも上回る凶悪事件の可能性もあると見て福岡県警が手を付けたわけだが、県警は徹底したかん口令を敷いていることもあり、新聞はほとんど逮捕の事実以外報じていない。そんななか、本紙は中尾伸也容疑者(47)と共に逮捕された妻・中尾知佐容疑者(45)の方が指定暴力団組長の娘であり、一時、夫婦がしていた金融業に組のカネが流れていた可能性もあるとの情報をスッパ抜いたが、追加情報をお伝えする。
2014年4月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらなる密約がーー和解金以外に計1億円を払う約束をしていた「インスパイアー」(最終回)

 本紙はここに来て計5回(番外Ⅰ、Ⅱも含め)、「インスパイアー」(2724。JQ。東京都中央区。駒澤孝次社長)
に関する疑義について連載した。第5回目では、この3月末の増資には2億5000万円の和解金支払い分も含まれているが、実はそれ以外にもう5000万円支払いの“密約”があり、その証拠の「公正証書」の存在もスッパ抜いた。さすがにこれで終わりと思ったら、実はこの5000万円以外に、さらに別の5000万円支払いの密約があるとの追加情報が来た。表向き2億5000万円の支払いが、実際は3億5000万円の約束になっているわけだが、それにしてもなぜ“密約”なのか? それなら、最初から3億5000万円の和解にしておけばよかったのではないか?
 2014年4月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.21

省内女子トイレ盗撮法務省幹部の実名

 本日昼過ぎ、日本テレビは、裁判官出身で法務省幹部の男(50)が今年3月、法務省内の女子トイレにカメラを仕掛け盗撮していたことが発覚、すでに警視庁の任意の事情聴取に対し犯行を認めており、警視庁は男を東京都迷惑防止条例違反で書類送検する方針と報じた。これは日テレのスクープ。ただし、男の肩書きや名前は明かされていない。
 2014年4月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

<ミニ情報>住吉会会長が交代に

 住吉会といえば、わが国では山口組に継ぐ組員を擁する指定暴力団組織。ウィキペディアによれば、勢力範囲は1都1道1府16県、構成員は5900人であり準構成員を含めると約1万2800人(2012年2月時点)。その住吉会の福田晴瞭氏がつい最近、会長を退き、会長代行だった 関功氏が会長に就任したという。
 2014年4月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<記事紹介>「渡辺喜美8億円調査担当みんなの党倫理委員長の不倫疑惑」(「週刊文春」4月24日号)

 いま発売されている「週刊文春」のワイド特集のなかで、みんなの党・三谷英弘代議士(37)の不倫疑惑が報じられている。本紙が同記事を紹介するのは、その内容が興味深いからではない。疑惑の相手について興味がある方は、同記事をご覧いただきたい。そうではなく、今回の不倫疑惑が載ったのは、代表を辞任した渡辺喜美代議士サイドが“報復”のためにリークしたのではないかとの情報が永田町界隈で囁かれているからだ。しかし、“報復”といわれても、直近で思い浮かぶのは、渡辺氏の代表辞任の原因となったDHC・吉田嘉明会長からの8億円借り入れの件で、それは吉田会長ないしみんなの党を出た江田憲司代議士サイドがリークしたとの見方が永田町では専ら。そもそも、三谷氏は渡辺氏の命を受け、党内唯一の弁護士として8億円問題で渡辺氏サイドで疑惑払拭に骨を折ったわけで……。
 2014年4月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

2014.04.20

「インスパイアー」の上場廃止逃れ増資に疑義(番外編Ⅱ)

 「インスパイアー」(2724。JQ。東京都中央区。駒澤孝次社長=冒頭写真)の増資に関する疑義についての連載で、本紙は4月7日、(番外編)として、インスパイアーと「リカーショップ」(旧インターサービス)の間で、過去、インスパイアーが上場廃止になったあの「トランスデジタル」に債務保証していた関係から支払いを求められ、結局、インスパイアーがリカーに2億5000万円支払うことで和解したが、その直前、リカーから「合同会社エコ」(東京都目黒区)なる怪しい会社に、その2億5000万円の債権が譲渡されたことを報じた ところが、この支払には実は“密約”があり、実際のインスパイアーの支払いはもっと多額になっていたという重大な事実が明らかになったので追加報道する(以下に、証拠資料添付)。
 2014年4月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<芸能ミニ情報>第7回「GACKT」元事務所共同代表ら脱税で逮捕の弁護人

   4月9日、東京地検特捜部が人気歌手・GACKTが昨年3月まで所属していた芸能事務所の共同代表である長谷川裕、玉置公祐両容疑者ら3名を法人税法違反(脱税)の疑いで逮捕したのは本紙でも既報の通り。主犯は古くからGACKTとつきあいのある長谷川容疑者と見られるが、その長谷川容疑者の代理人弁護士は東京からは遠く離れた大阪に事務所を構えており、また、その弁護人が過去に引き受けた件で長谷川容疑者とも接点があることから、一部関係者の間でちょっとした話題になっている。
 2014年4月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年4月27日 - 2014年5月3日 »