« 企業同士の利益相反行為で新たに懲戒申立された、有名企業コンプライアンス専門弁護士 | トップページ | なぜ!? 豪邸を売却していたエイベックス・松浦勝人社長 »

2014.12.31

菊次達朗による塩田大介傷害事件で注目される「梅原」なる人物

 この傷害事件、12月3日に懲役10カ月の判決が下ったことは本紙既報の通りだが、この公判で最大の関心事は、この事件の動機になったとされる、塩田大介(別件の競売妨害事件で懲役1年4月。服役中)は本当に菊次達朗容疑者を誘った韓国カジノツアーでイカサマカジノでハメたのかどうかだった。
 菊次はすでに水源地詐欺の主犯で懲役10年の長期刑が確定し服役中。そこに、わざわざこんな傷害事件でやるのかと一部関係者の間では疑問の声も出ていた。
 どんな事情があれ暴力に訴えていいはずがないとはいえ、元々塩田と菊次は仲間で、しかも塩田が脱税事件で社会復帰する際、菊次が資金面などで支えたともいわれる。それにも拘わらず塩田がイカサマカジノでハメ、1億6000万円も借金を背負せたとなれば、菊次が怒るのも無理ない。そんな、いわば筋の悪い案件をなぜわざわざというわけだ。
 結局、この公判では菊次側の主張するイカサマカジノでハメられたとする主張は斟酌されず求刑1年に対し懲役10カ月となったわけだが、公判では注目される事実が明らかになった。
 その1つは、塩田が「あいつ(菊次)らをカジノでギタギタにしてやる」とのメールを送っていた事実。
 塩田がこのメールを送った相手は「梅原」なる人物。
 この梅原氏、カジノツアーに行く前に塩田から自分の携帯に送られて来ていたこのメール内容を菊次に見せたとされる。
> *この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ
>

|

« 企業同士の利益相反行為で新たに懲戒申立された、有名企業コンプライアンス専門弁護士 | トップページ | なぜ!? 豪邸を売却していたエイベックス・松浦勝人社長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60899252

この記事へのトラックバック一覧です: 菊次達朗による塩田大介傷害事件で注目される「梅原」なる人物 :

« 企業同士の利益相反行為で新たに懲戒申立された、有名企業コンプライアンス専門弁護士 | トップページ | なぜ!? 豪邸を売却していたエイベックス・松浦勝人社長 »