« “偽装請負”で大半は使い捨て!? 夢を売らない「オリエンタルランド」の実態 | トップページ | <ミニ情報>菊次服役囚の傷害事件判決、延期に »

2014.11.28

事件屋に頼った“危ない上場企業”の末路ーー旧「Now Loading」社長、事件屋と共に逮捕

 警視庁捜査2課は本日、強制執行を免れるために会社のカネ約3000万円を別会社の口座に移し変え、財産を隠したとして水産加工会社の社長・中川哲也(49)と前社長・酒井勝一(別名・桂市。49)両容疑者を逮捕した。
 この水産加工会社とは「太陽三光水産」(東京都新宿区)。
 そう、旧「三光水産」のことだ。
 今年6月28日、「Now Loading」というセントレックスに上場していた元携帯コンテンツ会社が上場廃止になった。
 同社を創業し、中川容疑者はずっと社長に就いていた。
 だが、経営が悪化し、頼ったのが事件屋の今回、一緒に逮捕された酒井容疑者。
 上場廃止直前に、あろうことか、腐っても上場企業のはずがその酒井容疑者が社長に就任。すると「太陽商会」に名前を変え、酒井容疑者が乗っ取った企業などを傘下に置き、多くの社名に“太陽”を冠していた。太陽三光水産はその中心会社だった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« “偽装請負”で大半は使い捨て!? 夢を売らない「オリエンタルランド」の実態 | トップページ | <ミニ情報>菊次服役囚の傷害事件判決、延期に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60728823

この記事へのトラックバック一覧です: 事件屋に頼った“危ない上場企業”の末路ーー旧「Now Loading」社長、事件屋と共に逮捕 :

« “偽装請負”で大半は使い捨て!? 夢を売らない「オリエンタルランド」の実態 | トップページ | <ミニ情報>菊次服役囚の傷害事件判決、延期に »