« 「弾かれるぞ!」と63万円請求ーー歌舞伎町ぼったくり店、別件115万円請求手口詳報 | トップページ | 本紙・山岡を誹謗中傷-ー元世界チャンプ・薬師寺らがみずほ銀行などを提訴した「訴状」の驚愕記述背景(1) »

2014.10.16

給食大手「富士産業」、社長解任の真相

 本紙は、未上場ながら(一時は上場の動きもあった)、年商約693億円を誇る給食大手「富士産業」(東京都港区)の創業者兼元社長(故人)の長男・中村勝彦氏(48)がこの8月に社長を退いたが、それは「辞任」ではなく、「解任」だったことをスッパ抜いた(代表解任は8月4日。取締役は8月7日に辞任)。
 その際、この創業者一族の嫡男“追放”の大きな要因として度を越した連日の「クラブ通い」、それも「社費」によることを指摘したが、その後、関係者への取材で、「解任」の直接の引き金になったと思われる出来事が判明したので追加報告する。
 なお、中村氏はその後も反省の色は見られないようだ。
「実質、無職の状態ですが、いまもクラブ通いを断ち切れずにいます」(関係者)
 しかし、既報のように、富士産業の方から、少なくとも銀座の行きつけのクラブ8社に対し、「飲ませないように」との通知が行っている。そのため、さすがに「出入り禁止」になっていると思ったら個人カードで飲んでいるとも。
 さらには、こんな証言も出て来た。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 「弾かれるぞ!」と63万円請求ーー歌舞伎町ぼったくり店、別件115万円請求手口詳報 | トップページ | 本紙・山岡を誹謗中傷-ー元世界チャンプ・薬師寺らがみずほ銀行などを提訴した「訴状」の驚愕記述背景(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60486603

この記事へのトラックバック一覧です: 給食大手「富士産業」、社長解任の真相 :

« 「弾かれるぞ!」と63万円請求ーー歌舞伎町ぼったくり店、別件115万円請求手口詳報 | トップページ | 本紙・山岡を誹謗中傷-ー元世界チャンプ・薬師寺らがみずほ銀行などを提訴した「訴状」の驚愕記述背景(1) »