« 森元首相の地元ーー大手病院グループ創業者死去で囁かれる経営の行方 | トップページ | 上場廃止になった「インスパイアー」――反社に脅されている!? »

2014.09.16

「学校が嘘の虐待通告で児相送りに」――父親が学校を提訴

 小学校が「虐待している」と嘘の通告をしたため、次男(10)を児童相談所送りにされたとして、父親(63)が東京都調布市内の私立小学校を運営する学校法人、理事長、校長らに対し、児童相談所から次男を戻し教育を受けさせること、これら不法行為に関与した理事長、校長の解任、1000万円の慰謝料などを求め、東京地裁に7月23日に提訴していたことがわかった。
 これだけ聞いても、親の虐待事件が相次いで報道される昨今、我が身を顧みない親が、適切な処置を子どものために行った学校側にいちゃもんを付けていると疑う読者もいるかも知れない。
 しかし、少なくとも今回の件の真相はどうやら大きく異なっており、この背後には、児相は、天下り先とする厚生省の利権になっており、そのためには児相の定員を満たさなければならない必要性があり、それに学校側が便乗し体罰隠しを行ったという闇があるようなのだ。
 この訴訟、本紙では今後も注意深く見守っていくつもりだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 森元首相の地元ーー大手病院グループ創業者死去で囁かれる経営の行方 | トップページ | 上場廃止になった「インスパイアー」――反社に脅されている!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60322247

この記事へのトラックバック一覧です: 「学校が嘘の虐待通告で児相送りに」――父親が学校を提訴:

« 森元首相の地元ーー大手病院グループ創業者死去で囁かれる経営の行方 | トップページ | 上場廃止になった「インスパイアー」――反社に脅されている!? »