« <短期集中連載コラム>日本におけるメディアと慰安婦問題「第1回 メディア界の仁義なき戦い」 | トップページ | 国税が関心を持つ大手クリニック »

2014.09.08

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(449)「オプトロム」の新株予約権発行に疑義!?

 CD、DVD製造主力「オプトロム」(7824。セントレックス。仙台市)が第4回目の新株予約権を発行(すべて行使すれば約5億円。希薄率86%)したのは今年3月のことだった。同社は6期連続赤字、この時点で債務超過の猶予期間入りが決まっていた。
 そこにこの新株予約権の引き受け、行使を約束して登場した、いわば“白馬の騎士”といってもいいのが「合同会社会社コンシェルジュ」(東京都港区)なる会社だった。
 実はこの会社、「アンビシャスグループ」(同)のグループ会社。昨年12月、アンビシャスはオプトロムにつなぎ融資資金として1000万円貸し付けていた関係にあった。
 そう、アンビシャスといえば、本紙既報の通り、「リアルビジョン」(6786。東証2部。東京都港区)の経営権を握ろうとしたものの、資金調達に失敗、また旧ライブドアグループ”にうまく乗せられた側面もあり、結局、約7・5%しか保有できなかったと報じた会社だ。
 アンビシャスはリアルビジョン株(26・31%)購入のためには今年3月中に7億円必要だったわけだが、同時期、オプトロムの新株予約権払込のためにさらに約2061万円必要だった。しかも3月末までに5000万円分行使し、以降、2億円に満つるまで毎月2000万円以上行使する義務を負う契約を結ばされていた。
 しかし、繰り返すように、アンビシャスはリアルビジョン株購入でも資金調達できない(また、コンシュルジュは債務超過)など、決して潤沢な資金があるわけではなかった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <短期集中連載コラム>日本におけるメディアと慰安婦問題「第1回 メディア界の仁義なき戦い」 | トップページ | 国税が関心を持つ大手クリニック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60284855

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(449)「オプトロム」の新株予約権発行に疑義!? :

« <短期集中連載コラム>日本におけるメディアと慰安婦問題「第1回 メディア界の仁義なき戦い」 | トップページ | 国税が関心を持つ大手クリニック »