« <お知らせ>9月17日「フリーランスによる秘密保護法違憲訴訟」法廷が変更 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(450)NEC系大手コンサル会社パブリック部門に黄信号 »

2014.09.11

<短期集中連載コラム>日本におけるメディアと慰安婦問題「第2回 側の論理」

 今回の「メディア合戦」を誘発させた「慰安婦問題」、この問題については日韓両政府の見解も正反対にあり、「河野談話」の再検証まで行うに至っている。
 問題の焦点は、「日本軍が韓国女性たちを慰安婦に従事させるため強制連行した」との韓国側主張と、日本側の「強制連行はなかった」という主張が真っ向から対立していることだ。
 これまで、日韓両政府関係者をはじめ、多くのメディアが戦時中の慰安婦問題の事実を求めて元慰安婦女性たちに接触、事実の裏付けとなる証言や資料を検証してきた。その結果、元慰安婦やその家族たちの証言、慰安婦を相手にした元日本軍の証言、元日本兵の手記など、個々のケースにおけるさまざまな資料の存在が明るみになった。その資料の中には、韓国の主張を裏付けるものもあった。
 しかし、取材に応じた元慰安婦女性の体験が個々に異なっており、またその女性たちの中には、屈辱な体験ゆえに日本に対する“感情的視点”“被害者的意識”で事実を取り繕った証言…あるいは、事実と違う状況を語った女性もいただろう。また大阪の橋下市長が言ったように、売春を生業とするプロの女性たち、あるいは、「日本兵相手の出稼ぎ」との割り切った覚悟で膨大な金を稼いだ女性もいたと察せられる。反面、一日何十人もの日本兵を相手にした少女が耐えられなくなって自ら命を絶ったケースや、それ以上の悲惨なケースもまたあっただろう。
 しかし、これら元慰安婦の証言がどこまで事実かを検証する方法は、ない。
 結局、彼女たちの当時の体験・心情をして語る日本・日本兵への怨み憎しみに対する“涙ながらの事実”をどう受け止めるかで、事実が左右させる。これは、ジャーナリスト・記者という前に、一人間としての受け止め方に左右される問題でもある。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <お知らせ>9月17日「フリーランスによる秘密保護法違憲訴訟」法廷が変更 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(450)NEC系大手コンサル会社パブリック部門に黄信号 »