« 安倍首相地元で婦女暴行事件ーー犯人は安倍後援者、安倍派市議は傍観で共にお咎め無し | トップページ | 組幹部ら逮捕ーーASKAのクスリ供給元に迫る警視庁 »

2014.09.06

本山の研修道場まで“乗っ取り”で、トップにまで飛び火した「黄檗宗」末寺の重大疑惑に新展開

 本紙で昨年から取り上げている、臨済宗、曹洞宗に次ぐ禅宗「黄檗宗」(京都府宇治市の「萬福寺」が総本山)の末寺が、借金の片に反社疑惑もある企業に伽藍本堂や敷地などを実質、差し押さえられた挙句、返金のためについには総長まで抱き込み、本山横の研修施設を転売し資金作りとをしようとしていると糾弾する政治結社まで現れたとする一連のゴタゴタだが、新たな動きがあったので約3カ月ぶりに報じる。
 その異変とは、問題の愛媛県松山市の末寺「安城寺」(御木徳久住職)の檀家総代だった宇都宮貞史氏に関することだ。
 この宇都宮氏、松山市内で家業の仕出し料理業を営んでいたことは以前述べた。
「キッチンファクトリー」というのだが、
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 安倍首相地元で婦女暴行事件ーー犯人は安倍後援者、安倍派市議は傍観で共にお咎め無し | トップページ | 組幹部ら逮捕ーーASKAのクスリ供給元に迫る警視庁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60267024

この記事へのトラックバック一覧です: 本山の研修道場まで“乗っ取り”で、トップにまで飛び火した「黄檗宗」末寺の重大疑惑に新展開 :

« 安倍首相地元で婦女暴行事件ーー犯人は安倍後援者、安倍派市議は傍観で共にお咎め無し | トップページ | 組幹部ら逮捕ーーASKAのクスリ供給元に迫る警視庁 »