« <書籍紹介>『遺言』(田中森一。双葉社) | トップページ | <お知らせ>「朝日新聞の誤報問題」「ASKA復帰は絶望的」などーー「アクセスTV」第20回目放送分がオンデマンド中 »

2014.09.27

“危ない上場企業”金主が貸し付けーー旧皇族・竹田家関連「松見病院」に新たな動き

 東京都小平市の医療法人「十字会」経営の「松見病院」(精神科中心。ベット数280床)といえば、病院名通り、松見一族が創業し現在も経営している。
 その松見一族で、自身、同病院理事長を務めたこともある松見イク氏の娘は、明治天皇の曾孫、旧皇族の竹田恒和JOC会長(66)の元妻(離婚)。2人の間に生まれたのが、天皇家を売りにしているともいわれる作家・タレントの竹田恒泰氏(38)だ。
 このように、松見家は旧皇族・竹田家と縁を持ち、松見イク氏の後には竹田JOC会長の妻だった竹田昌子氏が病院理事長に就いた(98年10月)のだが、そこからおかしくなる。
 彼女がやっていた貸ビル経営の失敗による借金支払いを巡って、ほどなく院長側と内紛が発生。竹田昌子氏は理事長を追われるが、その後、病院からの貸付金5億円強の不良債権が発生する。
 病院の敷地(約2500坪)は現在も約15億円の価値があるとされるが、すでに竹田昌子氏就任と同時期に北見義郎氏個人が20億円の根抵当権を設定していたことでも異変が窺える(06年に登記抹消)。何しろ、北見氏は有名な事件屋。本紙でも過去、取り上げたことがある。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« <書籍紹介>『遺言』(田中森一。双葉社) | トップページ | <お知らせ>「朝日新聞の誤報問題」「ASKA復帰は絶望的」などーー「アクセスTV」第20回目放送分がオンデマンド中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60380717

この記事へのトラックバック一覧です: “危ない上場企業”金主が貸し付けーー旧皇族・竹田家関連「松見病院」に新たな動き :

« <書籍紹介>『遺言』(田中森一。双葉社) | トップページ | <お知らせ>「朝日新聞の誤報問題」「ASKA復帰は絶望的」などーー「アクセスTV」第20回目放送分がオンデマンド中 »