« 給食大手「富士産業」、社長退任の真相(2) | トップページ | あの特許著名弁護士に、所属弁護士会が懲戒に向け“クロ”判定 »

2014.08.28

老舗出版社本社ビル巡る不正融資疑惑

 大正時代から続く学術書関連の老舗出版社の本社ビル取得に関して、融資疑惑が出ている。
 この出版社、89年、都内一等地に地上7階地下2階のリッパなビルを建設。しかし、その際の借入金負担が重くのしかかり、同ビルは02年に他社に任意売却され、同出版社は賃借するかたちでその後も同ビルに本社を構えていた。
 ところが昨年11月、関連会社が同ビルを取得。つまり実質、同ビルを買い戻ししていた。
 疑惑が出ているのは、そのビル“買戻し資金”は全額銀行融資を受けて用意しているが、その融資に関してだ。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ

|

« 給食大手「富士産業」、社長退任の真相(2) | トップページ | あの特許著名弁護士に、所属弁護士会が懲戒に向け“クロ”判定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60224935

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗出版社本社ビル巡る不正融資疑惑 :

« 給食大手「富士産業」、社長退任の真相(2) | トップページ | あの特許著名弁護士に、所属弁護士会が懲戒に向け“クロ”判定 »